キャンペーンEAのパフォーマンス比較

MT4_logo_2.png

2016年7月20日更新

MT4対応FX業者のキャンペーンで入手可能なEAと、FXカフェがおすすめするEAをご紹介します。

バックテスト結果のサマリー

EA名称 通貨ペア 足種 バックテスト期間 スプ 取引 勝率 損益 最大
DD(*1)
PF
(*2)
Yen Traveler USDJPY 5m 2013/06 - 2016/06 4 420 45.0% 3,810.43  1,203.02 1.35
W Planet EURJPY 5m 2013/06 - 2016/06 7 606 52.8% 2,826.68 1,102.20 1.20
RVI System USDJPY 5m 2013/05 - 2016/05 4 1,097 53.7% - - 1.30
MAScott EURUSD 5m 2015/05 - 2016/06 5 1,068 97.1% 5,495.70 2,260.50 2.13

(*1) DDはドローダウン(Draw Down)で、直近の最大利益からの損失金額(pips)を表します。
(*2) PFはプロフィットファクタ(Profit Factor)で、利益と損失の比率(総利益÷総損失)を表します。

Yen Traveler(USDJPY, EURJPY)

MFI(マネーフロー・インデックス)をメインロジックとして、売られすぎ、買われすぎを判断し、投資を行う自動売買プログラムです。「価格変動」だけではなく、「出来高」も考慮した相場判断ができる強みを生かし、エッジの効いた取引を狙います。

基本情報

EA名称 FX業者 販売業者 作成者 通貨ペア キャンペーン期間 プレゼント条件
Yen Traveler オアンダ・ジャパン テラス K.L.H USDJPY, EURJPY 2016年6月27日~7月29日 10万通貨以上の取引または30万円以上の入金

バックテスト情報(設定情報)

通貨ペア 足種 バックテスト期間 スプレッド
USDJPY 5分 2013/06/03~2016/06/30 4

バックテスト情報(パフォーマンス情報1)

損益
(pips)
総利益
(pips)
総損失
(pips)
PF 最大
ドローダウン
最大利益
pips
最大損失
pips
3,810.43 14,676.06 -10,865.63 1.35 1,203.02 195.14 -166.32

バックテスト情報(パフォーマンス情報2)

取引回数
(勝率)
売取引回数
(勝率)
買取引回数
(勝率)
最大連勝
(回数)
最大連敗
(回数)
420
(45.0%)
313
(38.3%)
107
(64.5%)
867.37
(6)
-556.64
(9)

OANDA_YenTraveler_backtest_720_20160718.png

オアンダ・ジャパンのキャンペーンでは、K.L.H(Knowledge Library for Happiness)社のEAがプレゼント対象となっています。30万円以上の入金で、この「Yen Traveler」を入手することができます。

30万円を入金して 3,000通貨単位(0.03)の取引を行った場合、3年間で 114,312円の利益、最大損失(実現損)は 36,090円、年間利回りは約12.7%です。取引を開始するタイミングによっては 50,000円程度(実現損の130%を想定)の損失が出る場面がありますが、3年程度運用すれば 10万円を越える利益が出るイメージです。

パフォーマンスチャートの形状は比較的安定していて急激な上下が無く、前半はほぼ横ばい、後半に多くの利益を獲得しています。中長期的に安定した収益を期待する方には、良いEAだと思います。

OANDA Japan MT4

 

W Planet

2つの移動平均線を使用してトレンドを把握した上で押し目買い、戻り売りする自動売買プログラムです。W Planet の「W」は、移動平均線を2本使用することから命名されたそうです。

基本情報

EA名称 FX業者 販売業者 作成者 通貨ペア キャンペーン期間 プレゼント条件
Yen Traveler オアンダ・ジャパン テラス K.L.H EURJPY 2016年6月27日~7月29日 50万通貨以上の取引
または100万円以上の入金

バックテスト情報(設定情報)

通貨ペア 足種 バックテスト期間 スプレッド
EURJPY 5分 2013/06/03~2016/06/30 7

バックテスト情報(パフォーマンス情報1)

損益
(pips)
総利益
(pips)
総損失
(pips)
プロフィット
ファクタ
最大
ドローダウン
最大利益
pips
最大損失
pips
2,826.68 16,908.93 -14,082.25 1.20 1,102.20 63.19 -160.39

バックテスト情報(パフォーマンス情報2)

取引回数
(勝率)
売取引回数
(勝率)
買取引回数
(勝率)
最大連勝
(回数)
最大連敗
(回数)
606
(52.8%)
302
(50.7%)
304
(54.9%)
427.61
(8)
-484.58
(8)


OANDA_WPlanet_backtest_720_20160720.png

オアンダ・ジャパンのキャンペーンでは、K.L.H(Knowledge Library for Happiness)社のEAがプレゼント対象となっています。50万通貨以上の取引、または100万円以上の入金で、先ほどの「Yen Traveler」に加え、「W Planet」を入手することができます。

100万円を入金して 10,000通貨単位(0.1)の取引を行った場合、3年間で 282,668円の利益、最大損失(実現損)は 110,220円、年間利回りは約9.4%です。取引を開始するタイミングによっては 140,000円程度(実現損の130%を想定)の損失が出る場面がありますが、3年程度運用すれば 28万円を越える利益が出るイメージです。

パフォーマンスチャートの形状からは、勝ち負けを繰り返しながら利益を積み上げるロジックのようです。ドローダウンからの回復が比較的早いようですが、押し目買いによるポジションにより、一時的に未実現損失が大きくなる可能性があります。余裕をもった証拠金で運用することが望ましいと思われます。中長期的に安定した収益を期待する方には、良いEAだと思います。

OANDA Japan MT4

 

RVI System

RVI(Relative Vigor Index)は、上昇トレンドでは終値が始値より高い、下降トレンドでは逆であることを元にした分析ツールであり、相場のボラティリティが拡大しているのか縮小しているのか、傾向を測るテクニカル指標です。RVIと出来高(Volume)を併用し、RVIのエッジを更に際立たせる投資手法としました。

基本情報

EA名称 FX業者 販売業者 作成者 通貨ペア キャンペーン期間 プレゼント条件
RVI System フォレックス・ドットコム テラス K.L.H EURJPY 2015年9月18日~2016年9月30日 口座開設

バックテスト情報(設定情報)

通貨ペア 足種 バックテスト期間 スプレッド
USDJPY 5分 2013/01~2016/01 4

バックテスト情報(パフォーマンス情報1)

損益
(pips)
総利益
(pips)
総損失
(pips)
プロフィット
ファクタ
最大
ドローダウン
最大利益
pips
最大損失
pips
- - - 1.20 - - -

バックテスト情報(パフォーマンス情報2)

取引回数
(勝率)
売取引回数
(勝率)
買取引回数
(勝率)
最大連勝
(回数)
最大連敗
(回数)
1,097
(53.7%)
- - - -

ForexCom_RVISystem_backtest_20160720.png

フォレックス・ドットコムのキャンペーンでは、口座開設するともれなくK.L.H(Knowledge Library for Happiness)社のEA(RVI System)を入手することができます。

バックテストの取引データが公表されていないようですので、チャートや月間損益グラフからの感想になりますが、収益曲線の形状がドル円のチャートの形状ととても似ています。ドル円の上昇局面で利益を確保し、下降局面では損失が発生しているようです。

2012年末から2015年末までは、ドル円が70円台後半から125円まで大きく上昇しました(円安)。この期間は、RVI Systemが着実に利益を重ねています。しかし2015年12月以降はドル円が大きく下落する傾向(円高)が続いており、直近6ヵ月はRVI Systemが苦戦しています。

6月下旬から直近(7月中旬時点)まではドル円が再び上昇していますので(円安)、今後もこの傾向が継続するのであれば、利益を出すことが期待できる可能性があります。

フォレックス・ドットコムMT4

MAScoTT_EURUSD_ver2

キャンペーンEAではありませんが、FXカフェで実際に運用しているEAをご紹介します。

MAScoTT(Moving Average Strike co-acting with Two Takeprofit)モデルは、主に移動平均を用い逆張りするストラテジーです。特定の価格でポジションを作らず、乖離が大きくなればなるほどポジションを増加させ、こまめに利食いを行う一方、塩漬けポジションをできるだけ作らないロジックを導入することにより、より高収益を狙えるモデルです。

MAScott_EURUSD_ver2 は、MAScoTTの最大ポジションを4にしたモデルで、より安心できるパフォーマンスを実現しています。

基本情報

EA名称 販売業者 作成者 通貨ペア 価格(円)
MAScoTT_EURUSD_ver2 fx-on yosi EURUSD 9,800

バックテスト情報(設定情報)

通貨ペア 足種 バックテスト期間 スプレッド
EURUSD 5分 2011/02~2016/06 5

バックテスト情報(パフォーマンス情報1)

損益
(pips)
総利益
(pips)
総損失
(pips)
プロフィット
ファクタ
最大
ドローダウン
最大利益
pips
最大損失
pips
5,495.70 10,353.10 -4,857.40 2.13 2,260.50 10.0 -461.90

バックテスト情報(パフォーマンス情報2)

取引回数
(勝率)
売取引回数
(勝率)
買取引回数
(勝率)
最大連勝
(回数)
最大連敗
(回数)
1,068
(97.1%)
1,068
(97.1%)
- 3,580.00
(358)
-768.80
(2)

FXCafe_MAScoTT_EURUSDv2_backtest_720_20160720.png

繰り返しになりますが、FXカフェで利用している「MAScoTT_EURUSD_ver2」のご紹介です。こちらはは、fx-onで販売中のものです。

100万円を入金して 10,000通貨単位(0.1)の取引を行った場合、5年5ヶ月で549,570円の利益、最大損失(実現損)は226,050円、年間利回りは約10.1%です。取引を開始するタイミングによっては30万円(最大損失の130%を想定)の損失が出る場面がありますが、5年半度運用すれば 55万円、年間11万円程度の利益が出るイメージです。デフォルトの取引単位が0.1(10,000通貨)ですので、取引単位を0.01(1,000通貨)とすれば、10万円の証拠金で運用することも可能です。

MAScoTT_EURUSD_ver2 は、勝率が97%ととても高く、連勝により利益を積み重ねるロジックです。ナンピン型ですのでマーケットが反対方向に大きく動く場合には損失が発生しますが、勝率が高いためドローダウンからの回復も比較的早いようです。中期的に安定した収益を期待できる良いロジックだと思います。

FXカフェでの運用状況についてはこちらをご確認ください。