今週のFX見通しと注目材料 (09/19– 09/23)

2016年9月19日

今週の予想レンジ
ドル円 105.00~99.50
ユーロドル 1.1250~1.0950

米小売売上高が予想比下振れる一方、週末発表となった米消費者物価指数は事前予想を上回るなど、米経済指標は強弱まちまちの結果に。今週の日銀決定会合への思惑も上下方向どちらへもコンセンサスが得られず、ドル円は下値では押し目買い、上値では戻り売りの動きに方向感の出づらい展開となりましたね。

今週のドル円は105.00~99.50のレンジを予想。いよいよ、今週は日銀金融政策決定会合とFOMCが開催されます。FOMCは今回利上げ見送りが大方の予想となっており、日銀による「総括的な検証」内容と追加緩和の有無が波乱要因となりそうです。

今週のユーロドルは1.1300~1.1150のレンジを予想。FOMC次第といったところですが、気になる点が1つ。週末に英離脱ネタでポンド売りが優勢となっていますので、それに絡んで燻っていたEU崩壊懸念が再び台頭する可能性もあり、上値の重い状況は継続しそうですね。

09/20
(米)住宅着工件数 年率換算件数 8月
(米)建設許可件数 年率換算件数 8月

09/21
(日)日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標、政策金利発表
(日)貿易統計  8月
(日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
(米)FOMC、終了後政策金利発表
(米)イエレンFRB議長、定例記者会見

09/22
(米)新規失業保険申請件数 前週分
(欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
(米)中古住宅販売件数 前月比 8月

09/23
(欧)製造業PMI、速報値) 9月
(欧)サービス部門PMI、速報値 9月

FXマーケット情報  2016年9月19日 08:00:00  [ホシノさん]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください