今週のFX見通しと注目材料 (10/17– 10/21)

2016年10月17日

今週の予想レンジ
ドル円 105.50~103.00
ユーロドル 1.1100~1.0850

先週もFRBによる12月利上げ実施への期待がドル円の下値を支える展開に。そうした状況の中、一本調子で上昇基調を維持するかと思われましたが、中・貿易収支が輸出入ともに減少したことへの警戒から週後半はやや上値の重い動きとなりました。

今週のドル円は105.50~103.00のレンジを予想。引き続き、今週も米12月利上げ期待からドル円は底堅く推移すると思われます。ただ、週中に中・GDP発表が控えており、思わぬ波乱要因になる可能性があるので、警戒したいところですね。

今週のユーロドルは1.1100~1.0850のレンジを予想。今週はECB政策金利発表があります。政策変更はないと思われますが、ここ最近QE縮小への思惑も燻っているのでドラギ総裁の記者会見での発言に注目です。

10/17
(日)黒田東彦日銀総裁、発言
(米)鉱工業生産 前月比 9月

10/18
(欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
(米)消費者物価指数(CPI) 前月比 9月

10/19
(中)GDP 前年同期比 7-9月期
(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)

10/20
(欧)ECB政策金利
(欧)ドラギECB総裁、定例記者会見
(米)新規失業保険申請件数 前週分
(米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 10月

FXマーケット情報  2016年10月17日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください