「AI巫」売買シグナル運用(10/31-11/4)、トランプ大統領候補の支持率回復から円高に(+69.4 pips)

2016年11月5日

20160605_pelican-1081702__180.png

今週の取引結果(10/31 - 11/4)

今週のAI巫は 3勝11敗  69.4 pips利益でした。先週金曜日(28日)のクリントン米大統領候補の捜査再開のニュースから、円相場は大きく下落に転じて週末を迎えました。週明けには一旦落ち着きを取り戻し105円台を回復しましたが、29日(火)NY時間にトランプ大統領候補の支持率が回復したことが報道されると、ドル円の下落が進み、103円近辺で週末を迎えました。今週のAI「巫」は、ドル円が大きく下落する局面でしっかりと利益を確保しました。

引内容の分析

1.取引回数

一週間で14件の取引(決済取引)がありました。1日あたり平均2.8件の取引です。取引が多かったのは11月4日(金)、の7件、少なかったのは10月31日(月)、11月2日(水)の0件でした。

2.保有時間

取引あたりの平均保有時間は4時間10分(週越えは無し)でした。先週は保有時間が長かった(8時間43分)のですが、それ以前の水準に戻った(先々週は4時間10分)ようです。保有時間の最も短いものが6分、長いものが28時間4分でした。保有時間が1時間未満の取引は7件(0勝7敗)で、合計40.7 pipsの損失でした。

3.損益

1週間で合計 69.4 pips の利益でした。取引あたり平均 5.0 pips の利益です。
損益の分布は以下になります。

 ~ + 20 pips  + 20 ~ + 10 pips  +10 ~ 0 pips  0 ~ -10 pips -10 ~ -20 pips - 20 pips ~
1 回
(最大 125.1 pips)
1 回 1回  8 回 3回 0 回

トレンドの発生を予測して14回の新規取引を行い、うち13回はトレンドの発生がほぼ無く(+20~-20 pips)、予想の的中(~+20 pips)は1回、失中(-20 pips~)は0回でした。

まとめ

来週の米大統領選挙を控え、神経質な相場展開が続いています。 AI「巫」は少ないチャンスを生かし、今週もしっかりと利益を確保しました。今週から11月にはいりますが、11月は69.4 pipsの利益、調査を開始した5月からの合計は736.0 pipsの利益となりました。

 

これまでの、AI「巫」売買シグナル運用はこちら。 AI「巫」売買シグナルを提供する、学びing社のウェブサイトはこちら。

EAシストレ運用成績もぜひご確認ください。

 

 AI「巫」売買シグナル検証  2016年11月5日 11:00:00  [ホシノさん]

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください