今週のFX見通しと注目材料 (1/25 - 1/29)

2016年1月25日

今週の予想レンジ
ドル円 119.50~117.50
ユーロドル 1.0850~1.0650

先週は原油価格が反発に転じたことや中国市場がやや落ち着きを取り戻し、週末に向けリスク回避的な動きが後退する展開となりましたね。結局、ドル円は118円後半まで持ち直して引けました。

今週の注目は日銀による金融政策決定会合やFOMCですかね。株価や為替相場がドタバタするとすぐに日銀絡みで「追加緩和実施」「躊躇なく」という文言を見聞きしますが、これってどうなんでしょうか。。。前回はサプライズのうえに、株価、ドル円乱高下でしたが。。

今週のドル円は119.50~117.50レンジを予想。注目はFOMCと日銀金融政策決定会合です。今回のFOMCは政策変更はないと予想されますが、声明に注目です。また日銀も今回サプライズはないものと思われますが、市場からの期待は週末に向け高まる可能性がありますので、ドル円は底堅く推移するものと思われます。

今週のユーロドル1.0850~1.0650のレンジを予想。先週のドラギ総裁の発言を受け3月追加緩和実施への期待が強まっており、先週に引き続き下落基調は継続しそうですね。ただ、原油下落や中国株式市場がいったん落ち着いたとは言え、依然不透明感は残っているので、突発的なリスク回避のユーロ買いへの警戒は必要ですね。

01/25
(日)貿易統計(通関ベース) 12月
(欧)ドラギECB総裁、発言

01/26
(米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 1月

01/27
(米)新築住宅販売件数 前月比 12月
(米)FOMC、終了後政策金利発表

01/28
(米)耐久財受注 前月比 12月
(米)新規失業保険申請件数 前週分
(米)住宅販売保留指数 前月比 12月

01/29
(日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表、年間マネタリーベース増加目標
(日)失業率 12月
(日)CPI 前年同月比 12月
(日)鉱工業生産・速報値 前月比 12月
(日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
(米)GDP 前期比年率 10-12月期

FXマーケット情報  2016年1月25日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください