今週のFX見通しと注目材料 (2/1 - 2/5)

2016年2月1日

今週のFX見通しと注目材料 (02/01 - 02/05)

今週の予想レンジ
ドル円 122.50~119.00
ユーロドル 1.1050~1.0700

黒田バズーカ第三弾がさく裂しましたね。以前黒田さんは国会答弁でマイナス金利導入はないと「はっきり」言っていたようですが。。週末に一気に円売り一色となりドル円はNY時間に121円70銭付近まで上昇する場面も。

あっという間に1月も終わり、今週から2月入り。さらに米雇用統計等を含め、週明けから米重要指標の発表が相次ぎます。日銀によるマイナス金利導入の影響余波は当然残ると思いますが、米経済への注目も一段と増しております。

今週のドル円は122.50~119.00のレンジを予想。先週の大幅上昇の反動や米雇用統計発表への警戒感から、一旦緩む場面もあるかと思います。ただ、日銀はマイナス金利拡大への含みを持たせているので、下値も限られそうですね。また原油価格の下落も落ち着き、市場マインドも改善され、リスク回避的な動きも一服といったとろでしょうか。

今週のユーロドル1.1050~1.0700のレンジを予想。やや方向感の出づらい状況が継続してます。ECBによる3月追加緩和への期待がある一方で、米経済の鈍化への警戒感もあり、しばらくはレンジ相場となりそうです。ただ、今週は注目度の高い米経済指標の発表が相次ぎますので、内容次第では大きく動意付く可能性もありますので、警戒したいところですね。

02/01
(米)個人所得 前月比 12月
(米)ISM製造業景況指数 1月
(欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

02/02    
(日)マネタリーベース 前年同月比 1月
(欧)失業率 12月

02/03
(日)黒田東彦日銀総裁、発言
(日)消費者態度指数・一般世帯 1月
(欧)小売売上高 前月比 12月
(欧)小売売上高 前年同月比 12月
(米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
(米)ADP雇用統計 前月比 1月
(米)ISM非製造業景況指数(総合) 1月

02/04
(米)新規失業保険申請件数 前週分
(米)製造業新規受注 前月比 12月

02/05
(米)貿易収支 12月
(米)非農業部門雇用者数変化 前月比 1月
(米)失業率 1月

FXマーケット情報  2016年2月1日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください