今週のFX見通しと注目材料 (03/14- 03/18)

2016年3月14日

今週の予想レンジ
ドル円 115.00~112.00
ユーロドル 1.1250~1.1000

先週はECB理事会での資産購入額増額、資産購入対象の拡充、マイナス金利拡大等々、前回の反省を踏まえてか、市場予想以上の結果にユーロ売りへ。ところが、その後のドラギ総裁発言で一転ユーロ買戻しの動きへ。

ECB理事会を通過し、今週はいよいよ日銀金融政策決定会合とFOMCがあります。両イベントでの政策変更はないとの予想が大半を占めており、波乱はないと思われますので、今後の自国、世界経済の見通し、特にイエレン議長の発言に注目ですね。

今週のドル円は115.00~112.00のレンジを予想。今回日銀による政策変更はないと思われますが、今後のマイナス金利拡大幅等の政策運営にかかる発言には警戒が必要です。ドラギ総裁と同じ轍は踏まないでほしいですね。

今週のユーロドル1.1250~1.1000のレンジを予想。先週のドラギ総裁の発言により反発の度合いを強めておりますが、戻りも限られそうです。市場が冷静さを取り戻してくればドル高の流れは再び強まると思われます。

03/14
(日)機械受注 前月比 1月
(欧)鉱工業生産 前月比 1月

03/15
(日)日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表、年間マネタリーベース増加目標
(日)鉱工業生産・確報値 前月比 1月
(日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
(米)小売売上高 前月比 2月
(米)小売売上高(除自動車) 前月比 2月
(米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 3月

03/16
(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
(米)イエレンFRB議長、定例記者会見

03/17
(日)貿易統計(通関ベース) 2月
(米)新規失業保険申請件数 前週分

03/18
(米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 3月

FXマーケット情報  2016年3月14日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください