今週のFX見通しと注目材料 (05/02 – 05/06)

2016年5月2日

今週の予想レンジ
ドル円 108.00~105.00
ユーロドル1.1600~1.1350

黒田ショックで円買い一色。追加緩和期待が高まっていた反動で、一気に円買いが強まる状況となりました。ドル円は106円前半まで下落し、週末を迎える展開に。

今週も日銀による追加緩和見送りの影響が継続すると思われます。そうしたなか、週末に米雇用統計が控えてますので、引き続き神経質な動きとなりそうですね。

今週のドル円は108.00~105.00のレンジを予想。先週からの流れを引き継ぎ、目先下値模索の動きが強まりそうです。邦勢がGWとなっており、東京時間の流動性が低下している中で、105円台を狙った動きに要警戒ですね。

今週のユーロドル1.1600~1.1350のレンジを予想。上昇基調を強めてますが、今週は米雇用統計もありますので、結果次第ではユーロ買いの売り戻しが一気に強まる可能性があります。

05/02
(米)ISM製造業景況指数 4月
(米)建設支出 前月比 3月
(欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

05/03
(欧)卸売物価指数(PPI) 前月比 3月
(欧)卸売物価指数(PPI) 前年同月比 3月

05/04
(米)ADP雇用統計 前月比 4月
(米)貿易収支 3月
(米)ISM非製造業景況指数(総合) 4月
(米)製造業新規受注 前月比 3月

05/05
(米)新規失業保険申請件数 前週分

05/06
(日)マネタリーベース 前年同月比 4月
(米)非農業部門雇用者数変化 前月比 4月
(米)失業率 4月

FXマーケット情報  2016年5月2日 08:30:00  [モリバ]
タグ:市況

Facebookコメント

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください