今週の予想レンジ    
ドル円 114.50~111.50
ユーロドル 1.1850~1.1700

日経平均が約29年ぶりの水準まで上昇し、ダウン平均株価は史上最高値を連日更新するなど、世界の株式市場の堅調さが目立ちます。そうした中、ドル円は113円台をしっかりと固める動きを強めています。次期FRB議長を巡り、トランプ大統領の選任に関わる発言に市場は感応度高めな反応を見せ、やや神経質な動きとなる場面も。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 113.00~110.00
ユーロドル 1.1900~1.1700

先週はドル高基調の流れが一服し、ドル円は112円台から111円後半で右往左往する展開でした。北朝鮮問題が一旦小康状態となる中、リスク回避的な円買いの動きも落ち着いてはいるものの、上値の重さが目立ちます。週末の米CPIが予想比下振れとなったことで結局111円75銭前後でクローズとなりました

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 114.00~111.50
ユーロドル 1.1900~1.1500

先週はドル先高観が先行し、ドル円は底堅い展開となりましたね。米経済指標も軒並み好調な結果となったことも支援材料となり、113円台での推移が目立ちました。米雇用統計もハリケーンの影響によりNFPが悪化しましたが、平均時給、失業率が共に改善し、ドル円は一時113円半ばで上昇しました。ただ、北朝鮮の弾道ミサイル発射の兆候を伝えるヘッドラインが流れると、一転112円半ばまで反落する荒い値動きとなりましたね。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 114.00~111.00
ユーロドル 1.1900~1.1650

先週はイエレンFRB議長講演での利上げペースへの言及やトランプ米大統領の税制改革案の発表を受け、ドル堅調地合いが継続。ドル円は113円前半まで上昇する場面がありました。ただその後、一段と買い進むまでの材料が無かったことで112円半ばまで失速しやや上値の重さも感じる週となりましたね。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 114.00~111.00
ユーロドル 1.2100~1.1700

北朝鮮情勢への不透明感が燻る中、FOMCの結果を受けたドル買いの動きが強まりましたね。また、日銀金融政策決定会合では今後も強力な金融緩和継続が改めて強調されたことで日米金利差拡大への思惑が一段と強まり、ドル円は112円台を回復する展開となりました。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 112.50~109.50
ユーロドル 1.2050~1.1700

先週は北朝鮮の動向にやや振り回される展開になりましたね。週明けは懸念されていた弾道ミサイルの発射がなかったため、リスク選好の円売りが強まり、ドル円は上昇基調に。ただ、国連安保理で北朝鮮への制裁決議が採決され、この結果に北朝鮮は弾道ミサイル発射という形で反発の姿勢を表明。ドル円は一転下落に転じる場面が見られましたが、下値は限られ一時111円台を回復する展開となりました。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 108.50~105.50
ユーロドル 1.2200~1.1800

北朝鮮による核実験実施を受け、朝鮮半島情勢が新たな局面を迎えたとの見解から米朝の軍事的な衝突の可能性が高まっています。そうした中、市場はリスク回避の動きが強まったことに加え、大型ハリケーンによる米経済への懸念も重なり、ドル円は年初来安値を更新すると107円前半まで水準を切り下げました。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 110.50~108.00
ユーロドル 1.2100~1.1700

先週は週明けから北朝鮮弾道ミサイル発射を受け、再び朝鮮半島情勢の緊迫化によりリスク回避的な円買いが強まる展開に。ドル円は108円前半まで下落し、年初来安値に迫る勢いとなりました。ただ、その後は急ピッチで下落した反動や米利上げへの期待も支えに110円台まで持ち直し底堅い値動きとなりましたね。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 111.00~108.00
ユーロドル 1.2100~1.1700

先週は手掛り材料に欠け全体的に小動きの展開となりました。朝鮮半島情勢が膠着状態となっているほか、米政権運営の懸念は引き続き意識はされているものの、一旦様子見ムードといったところでしょうか。ドル円は109円後半から108円半ばでレンジ相場。注目のジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演内容もインパクトに欠ける内容となりましたね。

この記事の続きを読む

今週の予想レンジ    
ドル円 110.50~108.00
ユーロドル 1.1900~1.1600

朝鮮半島を巡る緊張が一時的に緩和し、ドル円は一時111円に迫りました。ただその後、米国内での白人至上主義者とその反対派の衝突へのトランプ大統領の発言がリスク回避的な動きを誘発。スペインでのテロ発生も市場心理を冷やし、ドル円は108円半ばまで下落し『往って来い』の展開となりました。

この記事の続きを読む