いまさら誰にも聞けない?使える基本のシストレ用語特集!vol.2

今回は、いまさら誰にも聞けない?使える基本のシストレ用語特集Vol.2として、基本のシストレ用語を解説していきます!

<第一弾:いまさら誰にも聞けない?使える基本のシストレ用語特集!>も合わせてチェックしてみてくださいね!

EA(Expert Advisor エキスパートアドバイザー)

システムトレードで最も重要な用語の1つEAですが、なんとなくで把握している人もいるかもしれません。

非常に重要な用語ですから、ここでぜひ、押さえてください。

EAとは、エキスパートアドバイザーの略で、MetaQuotes社が開発したMetaQuotesLanguage(MQL言語)を用いて書かれた、自動売買の運用ロジックのことをいい、Meta Trader(MT4)を使ったシステムトレードで利用できます。

EAは、MQLを使用してトレードルールの命令を発信していますから、EAがなければ、そもそもシステムトレード自体が成り立たないシステムトレードの肝となるものです。

Meta Traderを使用していないシステムトレードでは、別の呼ばれ方をしています。例)Mirror Trader使用のシステムトレードでは、「ストラテジー」と呼ばれます。

システムトレード

システムトレードは、自動売買取引とも言われ、予め定められたルール(EAロジック)にしたがって、機械的・継続的に取引を行う運用手法のことをいいます。

メタトレーダー(MT4)

ロシアのMeta Quotes Software社(メタクォーツソフトウェア社)が開発したFX取引ツールをメタトレーダーといいます。現在メタトレーダー4(MT4)、メタトレーダー(MT5)が提供されています。

分析ツールが多く搭載されており、自分で作ったor購入したEAをメタトレーダーに乗せて、システムトレードを行うことが便利にできるツールです。

テクニカル分析

チャートや市場での取引の統計を使い、過去の値動きを基に将来の値動きを予測する分析手法をテクニカル分析といいます。

テクニカル分析は、相場の動きを取引ツール上で把握でき、チャートだけに注力できるため、経済や金融に関する知識がなくても使えることが大きなメリットです。

ただし、実際の相場は、過去のパターンと必ずしも一致するわけではありません。そのため、突発的な出来事には対応できませんし、売買シグナルが、実際の値動きから遅れたりします。

現在では、トレーディングツール(MT4含む)でテクニカル分析の表示が簡単にできるようになっていますので、経験の浅い人でも使いやすいという特徴もあります。

いずれにせよ、メリットとデメリットを理解しながら、上手に取り入れましょう。

ファンダメンタル分析

経済や政治の動向から、通貨の値動きを読み、今後の値動きを予想する分析手法のことをファンダメンタル分析といいます。

相場の大きな方向性を予想するために、景気動向や金融政策、財政政策等が市場にどういった影響があるのかを分析します。

現在は、ネット上でも簡単にファンダメンタル指標を入手することが可能ですから、以前よりも個人でもファンダメンタル分析ができるようになりました。

しかし、ファンダメンタル分析は、多くの情報や専門的な知識を必要とし、難しい分析手法でもあります。

ポートファリオ

ポートフォリオ(portfolio)は本来「紙挟み」や「書類カバン」という意味を持っていますが、金融・投資の世界では、分散投資した組合せ、という意味で使われています。

優秀なEAを使ったとしても、一つの運用ロジックでは、その戦略に相場が合わなくなったときは、利益を出せないばかりか損失を被ることになりかねません。

そこで、例えば、順張りと逆張りの戦略という異なる戦略のEAを同時に運用することで、相場の潮目が変わったとしても、相互に補完し、損失を出さないようにするのがポートフォリオです

システムトレードは、複数の戦略EAをとることで、リスクを抑えて取引をするのが基本といえます。

ナンピン

ナンピンは、トレード手法の一つです。

ポジションを持った後に、市場が当初の予測とは逆の動きをしたときに、買いポジションであれば、下値で買増し、売りポジションなら、さらに売り増しすることをいいます。

手動の取引の場合、ナンピンは上級者の手法といわれ、初心者の場合は、損切りを覚えた方がいいといわれていますが、システムトレードの場合は、あくまでもEAが取引ルールを発信していますので、EAにお任せで大丈夫です。

シストレ初心者でも用語を知らなくてもカンタンに利用できるシストレクラウド!

システムトレードを行うために通常必要なVPS(Virtual Private Server、インターネット上の仮想PC)の利用や、シストレアプリ(MT4)の設定もシストレクラウドの利用で一切不要です。

スマホからパラメーターの変更だけでなく、ロット数の変更、EAの起動停止なども簡単に操作が可能です。

シストレクラウドなら一切手間なく安心してシステムトレードを行っていただけますよ!

月額1080円から始められる!シストレクラウドに登録する▶