いまさら聞けない!?FX初心者でも3分で理解できるFXの基本

「FX」という言葉が、市民権を得て久しい昨今ですが、今更ながら「FX」ってそもそも何?という疑問がある方のために、今日は、FXって何?ということから、どういう仕組みで利益を上げていくものなのか?FXの魅力とは?ということまでを解説していきます。

FXってなんの略?

FXは、Foreign Exchangeの略であり、現在のような外国為替証拠金取引(FX取引)に対して使われる以前から、金融の世界では通貨関連の取引を表す言葉として広く使用されていました。

現在のような外国為替証拠金取引をFX取引という名前で呼ぶようになったのは、1998年金融規制緩和以降です。

1998年、金融取引に関する大幅な規制緩和があり、それ以前は厳しく管理されていた通貨取引が解禁され、現在のようなFX取引が誕生しました。

FXで稼ぐ仕組み

1.売買差益(キャピタルゲイン)

FX取引は、様々な国の通貨を取扱い、その値動きを利用して、売買差益(キャピタルゲイン)を出すことで儲けを出します。
ここまでは、多くの方のご想像どおりのFX取引での稼ぎ方ではないでしょうか。実際、FX取引で稼ぐ場合の大きな金額を占めるのは、この売買差益(キャピタルゲイン)であることは確かです。

2.スワップポイント(金利差調整分)

しかし実は、売買差益(キャピタルゲイン)を求める以外にも、もう一つFX取引において稼ぐ方法があります。それが、スワップポイント(金利差調整分)です。
スワップポイント(金利差調整分)は、2国間の金利の差から得られる調整差額のことをいい、ポジションを保持しているだけで、毎日付与される利益です。

高スワップポイントで有名なのは、トルコやメキシコ、南アフリカといった国の通貨です。
これらの通貨を対円で取引するのであれば、円を売り、前述の高スワップ通貨を買うことで、金利によりますが、1日あたり数百円ものスワップポイントが付与されることもあります。(100万取引以上を想定)
1日あたりにすると細かい金額に思えるかもしれませんが、ポジションを長く持てば持つほど、膨れ上がっていきますから、このスワップポイントで稼ぐことを目的にFX取引でのポジションを取る人もいます。

ただし、スワップポイントを受け取れるのは、低金利通貨から高金利通貨を買った場合になりますので、逆の場合は、スワップポイントの支払いが必要になります。スワップポイントで儲けが出る仕組みと同様、ポジションを持てば持つほど、支払額が膨れ上がっていきますから、注意が必要です。

FXの魅力とは?

1.少ない資金で始められる

よく言われることですが、FXは少ない資金で始めることができる投資です。
その大きな理由は、たとえ、手元に1万円しかなくても、レバレッジと呼ばれる「てこ」を掛けることができるからです。
例えば、FX業者の口座に1万円しか入れてなくても、最大25倍までのレバレッジを効かせることができるため、1万×25=25万円の取引が可能ということになります。
25倍のレバレッジが効いているということは、売買差益(キャピタルゲイン)もスワップポイント(金利差調整分)も25倍になりますから、元手資金だけで始めるよりも、勝った時の儲けを大きくすることが可能です。

ただし、レバレッジをそれだけ効かせてしまえば、負けた時の損失額も25倍に膨らむということですから、初心者の場合は、2~3倍程度のレバレッジで取引した方が無難でしょう。

2.24時間いつでも取引ができる

FXは他の投資商品と異なり、24時間取引することができます。
そのため、日中は忙しいという方もご自身の都合のよい時間帯に腰を据えて取引できることは、大きな魅力のひとつです。

では、なぜ、24時間取引が可能なのでしょうか。
それは、世界中の為替市場が対象となるFXでは、常にどこかの市場が開いているからです。

大きな市場だけをいっても、

東京 9時〜15時
ニューヨーク 22時半〜5時
ロンドン 16時半〜0時半
香港 11時〜17時
シンガポール 10時〜18時

といった具合に、世界のどこかでは常に朝を迎え、為替市場が開いています。
ただし、外国為替市場は株式投資のように取引所取引ではないため、各市場において取引時間が決まってはいません。それぞれの都市の取引が多い時間帯をその都市の市場と呼んでいます。

規模の大きい市場が開いている時間は、市場が活発に動きます。取引をしたい通貨の自国市場が開いている時間帯は、値動きが大きくなりますから必ず覚えておきましょう。

日本では、日本時間の21:30〜23:00が最も値動きが激しい時間と言われています。理由は日本時間21時半頃に、世界でも注目されているアメリカの経済指標が発表されるためです。また、ニューヨーク市場が開く時間帯でもあるため、米ドル円の通貨ペアで取引する場合は、この時間は値動きが激しくなるでしょう。

まとめ

今回は、FXとは何?ということから、FXで稼ぐ仕組み、FXの魅力までまとめてみました。
すでにFXを始めている方も基本的なことだけど、いまさら聞けないなんて方もいるのではないでしょうか。特にFXで稼ぐということを考えた場合、仕組みは重要なポイントですから、ぜひ、抑えておいてくださいね!

OANDA Japan MT4