【最新システムトレードの世界②】日本での現状

日本でのシステムトレードを取り巻く環境

海外では、個人・プロ問わず、幅広い投資家に用いられており、実際、アメリカのヘッジファンドは、ほぼ100%システムトレードを用いて、莫大な利益を上げています。

日本でも多くの個人投資家の方に知られている言葉ながら、実際の国内FX取引におけるシステムトレード導入率は、1%未満です。

海外投資家では一般的に用いられているシステムトレードが、日本では1%未満の普及率でしかない大きな理由は、システムトレードを利用できるFX業者が少ないことと、システムトレードアプリの設定や運用に手間がかかることにあります。

 

<編集後記>
この日本の状況をシストレクラウドがどう変えるかについて、次回は、お送りします。
次回も是非、ご覧ください
written by Poco