<初心者向け>ゴールデンウィーク中のシストレはどうなっているの?

さて、今年のゴールデンウィークは、カレンダー通りにお休みがとれる人は、問答無用の10日間連続休暇となっていますね。

すでにゴールデンウィークも3日目に入ってきますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ゴールデンウィークに入り、普段忙しい人も一息ついたところで、投資を考えたり、シストレ(FX)について調べたりしているなんてこともありますよね。

ゴールデンウィークを始めとする日本の祝日のときは、当然、日本の株式市場なども休みに入り一切の取引ができなくなりますが、シストレってどうなの?といった疑問も持っている人も多くいるのではないでしょうか。

今回は、祝日時のFXシストレ運用の疑問について解説していきます!

そもそもFXが取引できる曜日や時間はいつ?

よくいわれるように、FX(外国為替市場)は、「24時間取引可能です」です。

なぜならば、それぞれの国の市場が空いている時間は時差により、タイミングが異なるため、常に世界のどこかの市場は空いているという状態だからです。

しかし、24時間取引可能ではありますが、当然、取引通貨の市場がピークを迎える時間には、より取引が活発になります。

FXシストレの値動きも各通過のピーク時間に値動きが大きくなる傾向があります。

外国為替市場の休み取引通貨の市場による

日本のカレンダー通りに株式市場を始めとする日本の取引所はお休みに入りますが、FX市場は、その名の通り、「外国為替市場」です。

そのため、日本が祝日に入ろうが、取引通貨の為替市場が空いていれば、取引は続いています。

FXシストレを行っている人は、取引通貨市場が動いているのであれば、ほぼ通常通りに運用を行える状態ではあります。

祝日は、それぞれの国によって運用が異なるのですが、(国によっては特定の祝日も市場がオープンしているということもある)土日は世界の為替市場はお休みに入ります。

とはいえ、シストレはあくまでも、EA(運用ロジック)に従って運用を行っていますので、ロジックが「日本の祝日・休日のポジション保有はしない」という設定になっていれば、ポジションはクローズしているはずです。

祝日中のポジション保有は初心者には要注意!

市場は空いていても、相場の流動性が低いところを狙って、急な相場変動が起こる可能性があるため、祝日中にポジションを保有することには一定のリスクが発生します。

そのため、初心者の場合は、週末クローズするEA(運用ロジック)がおすすめです。パラメーターを利用して、自分自身で設定を変更できる場合もありますから、EA(運用ロジック)を購入するときには、チェックするのが安心です。

ゴールデンウィーク明けに懸念されるフラッシュ・クラッシュ

これまで大型連休明けに、市場が急激な変動をみせる「フラッシュ・クラッシュ」という現象が、たびたび起こり、多くの投資家が犠牲になってきました。

記憶に新しいところでいうと、今年の1月3日の日本の正月明け市場を狙って急激な暴落、フラッシュ・クラッシュが起こり大きな話題となりました。

実は、先週はイースターの休暇があったためヨーロッパ市場が祝日でのお休みにあり、その後、日本がゴールデンウィークの大型連休と、世界の主要市場での長くお休みモードが続いているため、ゴールデンウィーク中、ゴールデンウィーク後の大きな値動きが懸念されています。

FXの市場の動きはシストレにどれくらい影響するの?

FXの市場の値動きが激しくなると、当然ですが、FXシストレ投資家にも影響があります。

ここまでの過去相場で起こっていないような、大きな値動き(トレンド)が発生してしまうと、EA(運用ロジック)が想定しない値動きについていけず、EA(運用ロジック)が対応できないということが起こりえます。

大型連休中や大型連休明けの急激な値動きの影響を受けるのは、裁量トレードでもシストレでも同様です。

そのため、大型連休前にポジションをクローズしておいた方が無難かもしれませんね。

金融関係者には不評な大型長期連休

意外に思われるかもしれませんが、日本は暦の上での祝日は非常に多い国です。

有給消化率は世界有数で低いのですが、暦上では、祝日が多く国であるため、これまでも金融関係者の間で市場が止まることへの懸念と不評を買っていましたが、この10連休は、これまで以上の休みの長さを誇りますから、大きな不安を呼んでいます。

なぜなら、日本の市場が止まってしまうと、外国で大きな市場変動があった場合に取引所がしまっているため、投資家が打つ手がなくなってしまうという問題点があるからです。

また、祝日が多い=儲けるチャンスが少ない市場ということになりますから、海外からの日本市場への資金流入が減るという懸念もあります。

シストレでも祝日でポジションがクローズすれば、それだけ利益が減ることになりますから、シストレ投資家にも大きな影響があることです。

まとめ

いかがでしたか。FXの裁量トレードもシストレも相場の動きに影響を受けるのは変わりませんから、相場の休み前後には、ポジションに気を配らなければならないのは同様です。

シストレクラウドを利用して快適なシストレ生活を送ろう!

初めてシストレする方にこそ、おすすめしたいのが、シストレクラウドです。VPSの契約も、面倒な設定も不要の初心者にも簡単にできるシストレを叶えてくれます!

↓↓↓シストレクラウドキャンペーンに参加する↓↓↓