FXシステムトレードの始め方を徹底解説!初心者向け簡単ツールも!

今回は、FXのシステムトレードを始めてみたい!と思っている人向けに、FXのシステムトレードの始め方を徹底解説していきます。

始めたいけれど、何から準備したらいいか分からないと二の足を踏んでいた人、必見ですよ!

FXシステムトレードを始めるのに必要な準備について徹底解説!

まずは、FXのシステムトレードを始めるために必要な準備から解説していきます。下記の手順に沿って準備を進めてくださいね!

①システムトレードアプリMT4が利用可能なFX口座を作成する!

まずは、FXの口座がなければ始めることはできません。

システムトレードアプリのMT4に対応してくれているFX会社の口座でなければシステムトレードができませんから、<MT4対応のFX業者一覧:シストレクラウドHP参照>を参照し、対応しているFX会社で口座を作成しましょう。

ちなみにFX会社で口座を作成するときの手順や注意点については、<投資初心者だけどシストレしたい!FX口座開設が審査落ちしないための重要ポイント>の記事を参考にしてくださいね!

②MT4をダウンロード(スマホでOK)してFX口座と紐付ける!

次に、MT4をダウンロードしてください。

PCへのダウンロードももちろん可能ですが、スマホアプリでダウンロードする方が圧倒的に簡単で楽ちんです。

PCダウンロードの場合、マックユーザーはPC内にwindows環境を敷かなければならないという条件も付きます。

スマホであれば、iPhoneでもandroidでもどちらでもアプリダウンロードが可能です。今は、MT5もありますが、MT4をダウンロードしましょう。

<MT4をダウンロードする>

③運用ロジック(EA)を選定する!

システムトレードを行うには、運用ロジック(EA)が必須で必要です。

運用ロジック(EA)によって、収益が決まる重要な選定ですから、どんなシステムトレードがしたいのか、証拠金はいくらから始めたいのか、どれくらいのリスク(最大ドローダウン)を見越すのか等などを考えながら自分の好みの運用ロジック(EA)を選びましょう。

※シストレクラウド利用の場合には、<EA一覧>からお好みのEAを選択してください。

シストレクラウドを利用しない場合には、VPS(virtual private server)の契約も必須になります。

④各EAの推奨証拠金分を口座に入金してスタート!

運用ロジック(EA)の説明ページには、それぞれ推奨証拠金が記載されています。

この推奨証拠金とは、初期証拠金のことをいい、EAを動かすために、口座に入金すべき金額です。

口座に推奨証拠金をいれて、運用ロジック(EA)を開始すれば、運用スタート!システムトレードが開始されます。

番外編:初心者ならシストレクラウド登録がオススメ!

システムトレード初心者でITや金融に詳しくない人にとっては、MT4のダウンロードをPCに入れるところから、時間や手間がかかってしまうかもしれません。

また、運用ロジック(EA)を24時間365日安定して動かすためにもVPS(virtual private server)の契約も必須になります。

そんなITの知識や手間をかけることへの不安から、システムトレード自体へのハードルを感じてしまう人も多いのですが、

そんな初心者の方にこそ、おすすめしたいのが、「シストレクラウド」の利用です。

シストレクラウドを利用することで、「設定が格段に簡単になります」「運用が格段に簡単になります」。

設定や運用の手間は、シストレクラウドが肩代わりしてくれるので、ユーザーはスマホで簡単に操作するだけでOKです。

月額1080円〜利用でき、今なら3ヶ月無料でお試し利用が可能ですよ。

無料のEAがもらえる,3ヶ月無料キャンペーン開催中です/

システムトレード開始時に注意すべきこと

ここからは、システムトレードを開始するにあたって事前に把握しておくべき注意点を解説していきます。

①最大ドローダウン等のリスクを見越しておく

まずは、リスクを理解しておくことは、どんな投資を行うときにも重要です。

EAの運用成績ページを確認し、最大ドローダウンを把握しておきましょう。大体、最大ドローダウンの倍程度のリスクは見越しておくべきと言われています。

②リスク許容範囲を定めておく

システムトレードを行うにあたって、難しいのは「やめどき」です。

システムトレードのEAが相場に通用しなくなってきているのかどうかの判断が難しいからなのですが、自分自身である程度、許容範囲を決めておくことがおすすめです。

①でお伝えしたように最大ドローダウン分のリスクは見越しておくべきですが、その倍のドローダウンが更新されたら辞めるなどなど、損切り地点を決めておくほうがいいでしょう。

③勝つこともあれば負けることも計算しておく

システムトレードは、勝ち続けるトレード手法ではありません。

勝つことも負けることもありますが、勝ち負けを繰り返しながら、収益を伸ばしていく投資です。

プロが作成したロジックで運用しているとはいえ、負けない投資ではないことを理解しておきましょう。