シストレ1日目の初心者におすすめ!FXシステムトレードツールとは?

FXで、「システムトレードを行いたい!」と思った場合は、システムトレードツールを使用する必要があります。

システムトレード初心者であれば、当然簡単に使えるシステムトレードツールを探したいと思っているでしょう。
そもそも、システムトレードツールは、どんな種類があり、それぞれどんな特徴があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、FXでシステムトレードを行う際に必須のFXシステムトレードツールをご紹介します。

初心者さんでも簡単にシステムトレードを行う方法も合わせてお伝えしますから、ぜひ、ご覧ください。

システムトレードツールには2つのタイプがある

実は、システムトレードツールのタイプは、大きく分けて開発型と選択型があります。

開発型 選択型
始め方 自分でEA(*1)と言われる売買ロジックを開発するか、すでに開発されたEAを購入し、取引画面に設定する。 システムトレードツール内に搭載されているストラテジー(*1)または売買システムを選択し、運用を開始します。
費用 自己開発するのであれば、無料。開発したEAを販売する人もいる。開発されたEAをダウンロードする場合、無料から数十万円するものまで幅広い。
選択型システムトレードに比べてスプレッド幅は狭い場合が多い。
基本的に、選択型システムトレードを提供するFX会社で搭載されているツールのため、基本的には無料。
ただし、提供FX会社で採用されているスプレッドが広めである可能性が高く、取引量が多い場合は、コストが嵩むことがある。
導入の
簡単さ
インストールと設定が必要のため、若干の手間がかかる。 選択型システムトレードを採用しているFX会社の口座があればすぐに開始可能。
PCの24時間運用 24時間運用が必要。VPS設定(*2)がおすすめ。 不要。
ネット
環境
安定して常時つながっていることが必須。 特に問わない。
(運用状況確認する時は、ネット環境が必要です)

(*1)開発型システムトレードツール(主にMT4)では、自動売買のロジックをEAと呼ぶが、選択型システムトレードでは、自動売買ロジックをストラテジーと呼ぶ。両方とも売買ロジックを指している。

(*2)VPS設定とは、バーチャル・プライベート・サーバ(virtual private server)の略であり、実際のPCを24時間電源つけっぱなしで運用せずとも、仮想専用サーバ上で、安定した運用を行う方法のこと。

選択型システムトレードツールは、手間が少なく、投資のプロが作成したストラテジーを追加費用なく使えるため、初心者にはより向いているツールと言えますが、そのかわり、スプレッドが広めに設定されており、後々の費用が嵩むというデメリットもあります。
スプレッドの重要性ついては、<FX初心者でも5分で理解できるFXの基本〜用語編〜①スプレッド>も参照ください。

一方、開発型システムトレードツールの場合、PCの運用の手間やEAの開発や選択などに手間がかかり、初心者には、少しハードルが高い傾向にあるのがデメリットです。
ただし、そんな開発型システムトレード(MT4)を、超初心者でも簡単に運用することができ、かつ、費用も安価な方法が、シストレクラウドを使用する方法です。
開発型システムトレード(MT4)で、自分の理想とする運用を簡単に行う方法は、下記をご確認ください。
<FX初心者でも年間利回り10%超え!?簡単操作でプロの資産運用ができるシストレクラウド>

選択型システムトレードツール
ミラトレーダー

選択型システムトレードツールで最も有名なのは、ミラトレーダーです。

使い方がシンプルで世界的に人気がある選択型システムトレードのプラットフォームといえます。
あらかじめ用意されたストラテジー(自動売買プログラム)の中から、好みのものを選択するだけで、簡単にシステムトレードを始めることができるのが人気の理由です。

ミラトレーダーを採用しているFX会社で口座を作ることで、使用することができます。

開発型システムトレードツール
MT4

世界で最も普及している開発型システムトレードツールが、MT4(メタトレーダー)です。

MT4に対応しているFX会社の口座を作成した上で、MT4ソフトをダウンロードして紐づけする必要があります。
<MT4対応のFX口座一覧は、こちらからご確認ください>

MT4の自動売買ロジック開発機能を使って、好みの自動売買ロジックを作成することもできますし、他の人が作成した自動売買ロジックを購入して使うことも可能です。

作成には専門的なプログラミングの知識やスキル、そしてFXの知識が必要ですから、ロジックを開発することは上級者向けです。

初心者の場合、上級者やプロが作成した利回りが高い自動売買ロジックを購入し、利用するほうがいいでしょう。

ただし、MT4運用には、手間やVPS設定などの費用がかかるため、初心者には、いささかハードルが高いのが現実です。

初心者だけど、簡単に余計な費用をかけずにMT4のシステムトレードを利用したいという方は、シストレクラウドの利用が最もおすすめです。シストレクラウドなら、手間や余計な費用がかからないだけでなく、プロが作成した自動売買ロジックも無料で使うことができます。

まとめ

手間や初期費用を考えると、システムトレード初心者には、選択型システムトレードツールのほうが使いやすいのが現状です。

ただし、システムトレードを続けていけば、スプレッドの関係上、いずれ選択型システムトレードの場合、コストがかさんでいくでしょう。

そのため、開発型システムトレードであるMT4を費用がかからず、簡単に利用できる方法で使うことがおすすめです。

MT4をとっても簡単に運用でき、優良な無料EAを使える方法は
こちらから↓↓