【海外移住を考える】vol.1 マレーシア

こんにちは。

節税や子供の教育など、様々な理由から、海外移住を考えている人、興味がある人は多いのではないでしょうか。

そこで、【海外移住を考える】シリーズとして、これからいくつかの移住に人気の国を取り上げていきたいと思います。

まず、早速、今日ご紹介するのは、「マレーシア」です。

比較的治安がよく、年中暖かい気候のマレーシアは、年齢問わず幅広い人に人気のある移住先です。

また、医療水準が高いことや、英国式のボーディングスクールがいくつかあることから、年金受給世代だけでなく子育て世代にも高い人気があることが特徴です。

永住権はなく、10年ごとに更新する長期滞在ビザを取得することになりますが、比較的ビザが取りやすい国でもあります。<マレーシア政府観光局 ロングステイ条件 参照>

何よりも、外貨収入に税金がつかないルールがあるため、日本からの収入がある人には、かなりありがたい国と言えます。

お隣のシンガポールとは陸続きですから、クアラルンプールからシンガポール中心地までは車で1時間で行き来できます。そのため、生活費の安いマレーシアに住みながら、シンガポールに通勤しているなんて方もいるようです。
実際、シンガポールと比較し、同じものを買うにも首都クアラルンプールでさえ、値段が1/3程度というマレーシアには、シンガポーリアンが、こぞってクアラルンプールに買い物に来ています。週末は、国境付近で大渋滞が起こることも頻繁だとか、、

すでに、かなり経済発展しているマレーシアですが、とはいえ、今はまだ比較的移住がしやすい環境にあります。

今後、さらなる発展と外資が入ってくれば、移住条件も厳しくなる可能性が高いので、行くなら今かもしれません。

ご興味のある方は、<マレーシア政府環境局:ロングステイについて>をチェックくださいね。