虎ノ門ビギナー日記:虎ノ門 意外な見どころ3選!+番外編

さてさて、シストレクラウドを運営しているジーフィット株式会社が虎ノ門(住所は西新橋)に引っ越しをして、早3週間が経とうとしています。(詳細はこちら→オフィス移転のお知らせ

環境にも慣れた・・と言いたいところですが、Pocoは、虎ノ門からオフィスに歩いていると、かなりの割合で、オフィスを通り越してしまい、ほんのり迷ってしまいます。

そんな話はさておき・・・

今日は、そんな虎ノ門ビギナーのPocoによる、虎ノ門の見どころツアー3選+番外編をお送りします!

意外な見どころスポット満載の虎ノ門。都心の中で観光したいときの参考にしてくださいね。

突然ですが、みなさん「トラのもん」って知ってますか?

見どころ① 虎ノ門には「トラのもん」がいるのです

「ドラえもん」じゃないですよ、「トラのもん」です。

虎ノ門には、「トラのもん」という虎ノ門ヒルズオリジナルのキャラクターがいるのです。

(虎ノ門ヒルズのHPより画像をお借りしました)
虎ノ門ヒルズHP 参照http://toranomonhills.com/about/toranomon.html

「トラのもん」は、22世紀からやってきた「ネコ型ビジネスロボット」。「Mirai Tokyo」を作るためにやってきたのだそう。
色々な「トラのもん」グッズがあるのですが、個人的には、「トラのもんこけし」がツボです。
今現在、sold outとのことですが、売り切れも納得の可愛らしさです。

虎ノ門ヒルズに鎮座している本物(?)のトラのもんを、ぜひ、見に来てみてください。
虎ノ門ヒルズの感想クチコミにも、”トラのもんは本当に可愛いです”といった、並み居るお洒落なお店を差し置いて、一番に褒められるほどの存在感と可愛さですよ。
トラのもんグッズは、お土産としても喜ばれそうです。

ちなみに、全くの余談ですが、Pocoは、羊羹が有名な「虎屋」の本店は虎ノ門にあると、長らく勘違いをしていましたが、虎屋は、虎ノ門とは関係ないようです。
創業は京都、現在の本社所在地は、赤坂とのこと。・・・「虎」という漢字が共通しているだけでした。

見どころ② ビルと共存する金刀比羅宮

銀座線 虎ノ門駅から徒歩1分の位置にある、「こんぴらさん」で有名な香川県の金刀比羅宮の御分霊が祀られているのが、「虎ノ門 金刀比羅宮」です。

讃岐国丸亀藩主であった京極高和が、江戸時代、藩邸内(芝・三田)に、故郷の神として祀ったのが同宮の起源であり、京極高豊の時代に、庶民の熱烈な要望から、毎月1日だけ江戸庶民も邸内への参拝が許可されるようになったそうです。

もちろん、現在では、いつでも参拝可能!
“海上守護”“商売繁盛”といったご利益がある他、御祭神である金刀比羅大神は、“運を掌る(つかさどる)神”という伝承もあるため、近くのオフィスのビジネスマンが参拝する姿も頻繁に見られるとか。

大きなオフィスビルの真下にある参道は、この都心にある由緒ある神社ならではの景観で、他では見られない見どころのひとつだと思います!

また、本殿の目の前にある銅鳥居は、江戸時代からそのまま残るものらしく、参拝を希望した多くの江戸庶民もくぐったものだと思うと、なんとも感慨深い気持ちにさせられます。

社殿横には、摂社である「結び神社」があり、良縁祈願も可能です。
江戸時代には、乙女たちが自らの髪を社殿の格子にくくり付けて良縁を祈願したと言われています。

思ったよりも見どころいっぱいの「虎ノ門 金刀比羅宮」ぜひ、一度お立ち寄りくださいね。

「虎ノ門 金刀比羅宮」http://www.kotohira.or.jp

見どころ③ 外国人にも人気!日本の酒情報館

”「日本の酒情報館」は、歴史と文化を含む日本酒・本格焼酎・泡盛の魅力のすべてを「見て・触れて・体験する」ことを通じて世界中の人に知っていただくことを目的としている”施設だそうです。
(日本の酒情報館HPより引用 http://www.japansake.or.jp/sake/know/data/

展示館では、全国各地の特色ある酒器が展示されている他、お酒に関する様々な映像が流れていたり、酒造りに使う道具を実際に触ったりすることも可能です。
これがまた、デザイン的にもスタイリッシュな空間なので、デートスポットとしてもおすすめです。

また、大吟醸酒・純米吟醸酒・純米酒・古酒・スパークリング清酒・貴醸酒といった日本酒だけでなく、芋・麦・米・黒糖などの本格焼酎や泡盛、そして果実のリキュールに至るまで、様々なお酒を1杯100円から試飲できるのも酒好きにはたまらないスポットといえそうです。

知る人ぞ知る虎ノ門の観光スポット「日本の酒情報館」。ぜひ、お酒が好きな方は行ってみてくださいね。

「日本の酒情報館」http://www.japansake.or.jp/sake/know/data/

番外編:新聞創刊の地も虎ノ門

新聞創刊の地は、虎ノ門らしく、駅からほど近いところにひっそりと記念碑があります。讀賣新聞がこの地で創刊されたのが最初らしいです。
とくに見どころというほどのものではなく、さらりと通り過ぎてしまうような記念碑ではありますが、歴史あるオフィス街の証ともいえますね。

まとめ

多くの人が、仕事でこない限り足を踏み入れない場所というイメージを持っているであろう虎ノ門ですが、思ったよりも楽しめる見どころスポットがあるのです。
虎ノ門に立ち寄るついでに、、ではなく、ぜひ、今回ご紹介の見どころスポットめがけて虎ノ門におこしください!
その際は、この近くでシストレクラウド運営会社であるジーフィットがオフィスを構えているんだな・・と頭の片隅で思っていただけたら幸いです。

関連記事
「CafeBreak!虎ノ門周辺のおすすめカフェ」