初心者にも分かる!仮想通貨の仕組みとメリット・デメリット

さて、以前、投資初心者にもわかる仮想通貨投資の始め方!という記事で「仮想通貨とは何か」「初心者が購入する方法」を解説させていただきましたが、今日は、仮想通貨の仕組みと仮想通貨のメリット・デメリットをご紹介します。

仮想通貨を始めてみたい方、始めているけどイマイチ仕組みが分からない等、初心者の方必見です。

※シストレクラウド上では、現在仮想通貨を取り扱っていませんが、近日中にお使いいただけるようにシステム改修を行うか現在検討中です。
仮想通貨を扱ってもらいたいという希望がある方は、下記お問い合わせフォームより、其の旨記載いただき、
送信ください。ご希望が多い場合、近々に改修を行いお使いいただける設定にいたします。
↓↓↓↓↓↓
お問い合わせ項目を「その他」にし、メッセージ本文に「仮想通貨取扱希望」と記載ください。

仮想通貨とは、ネット上で使用できる通貨のことをいい、「暗号通貨」や「デジタル通貨」とも呼ばれています。

そんな新しい通貨の形として注目されている仮想通貨ですが、既存の通貨とはどう違うのでしょうか?

仮想通貨と既存通貨の違いとは?

既存通貨①法定通貨

国が管理者として発行している法定通貨は、国への信頼と通貨価値が連動しています。
そのため、各国の政治に大きく影響を受けたりします。実際、国が主導して自国通貨が適正な価値が保たれるよう様々な政策を実施していますよね。
国が持つパワーと価値が連動しており、国が中央管理者として価値を保証しているのが円やドルといった法定通貨です。

既存通貨②電子マネー

また、仮想通貨と混乱しやすいとして、電子マネーがあります。
電子マネーは、法定通貨を持参していなくても通貨の役割を果たしてくれる便利なサービスです。そう通貨じゃないんですね。

電子でやり取りしているという共通点があるため、仮想通貨とどう違うのか混乱してしまう方もいるかもしれませんが、

電子マネーは、あくまでも法定通貨の価値を電子化したものです。

例えばSuicaを持っていれば、実際のお金を持っていなくても決済できますが(電子マネー対応の企業による)、Suicaの中に法定通貨である「円」を入れているため、あくまでも「円」の価値に依存したものであり、SuicaはJRという一企業が管理する電子決済サービスです。

Suicaに限らず、あくまでも企業が管理するサービスであり、通貨ではないのが電子マネーです。

それでは、仮想通貨とは?

まず、仮想通貨の仕組みを説明する際に欠かせないのが「ブロックチェーン」の存在です。

ブロックチェーンでは、すべての取引履歴がすべて記録されており、それがネット上で公開されています。
コインを受け取った人は、その取引履歴であるブロックチェーンをチェックして、それが正当な価値のある仮想通貨(ビットコイン)であるのかを確認することができるのです。

また、ブロックに記録されるのは、「正しい取引」のみなので、二重払いや改ざん、なりすまし等が起こらないような仕組みになっています。

このブロックチェーンの取引履歴を作っているのが、マイニングと言われる非常に難しい計算問題を解く作業です。

そして、このマイニングを高性能なパソコンで高速で計算する人のことをマイナーと呼び、マイナーたちは、競うようにこの計算問題を解き、一番最初に解けた人には仮想通貨による報酬を貰えるよいう仕組みになっています。

このブロックチェーンという仕組みが、データの容量や法整備等を含め完成していくと「お金」の概念が変わるとも言われており、多くの投資家は、その未来の可能性に投資している部分があります。

仮想通貨(ブロックチェーン)のメリットは?

まず、ブロックチェーンで行われる仮想通貨のメリットの1つ目は、

外部からの改ざんが困難であること

ブロックチェーンの仕組みは、上記でお伝えした通り、取引履歴という情報をチェーンのようにつないで集合体にしていることです。

つまり、改ざんするには、これまでの膨大な履歴を読み解いた上で行わなければならないため、非常に困難を極める(ほぼ不可能である)ことに加えて、たとえ改ざんされても、チェーン、つまり履歴が数珠つなぎになっているため、すぐに見つけることができます。

実際、ビットコインは、2010年に最初の取引が行われてから一度も停止しておらず、ブロックチェーンというシステムの信頼性を高めています。

金融機関を通さずダイレクトな取引が可能

法定通貨とは異なり、金融期間を通さずダイレクトに相手に送金をすることができ、ほぼリアルタイムでの送金が可能です。(あくまでもブロックチェーンの理論上です)

仮想通貨(ブロックチェーン)のデメリットは?

ここまで解説してきた限りだと、いい事ずくめにも見えますが、ブロックチェーンで行われる仮想通貨のデメリットもあります。

データ容量に限界がある

ブロックチェーンは、一つのブロックに記録できる容量に限界があり、以前は、1秒間に7回程度しか取引できないという致命的なデメリットがありました。(ちなみにVISAカードは1秒間に7000回の取引ができるそうです)
データ容量が小さいと、取引できない決済が増えますから、利用者が増えれば増える程不便になってしまいます。

ただし、現在は新しい技術の進歩により状況が改善していることに加え、今後は10万回まで伸ばせる可能性があるという話もありますので、近い未来にはデータ容量の限界は問題ではなくなっている可能性もあります。

手数料が高い取引が優先して記録されるブロックチェーンの仕組みにより、手数料が高くなる

マイナーたちは、報酬のためにマイニングの計算をしていますが、その報酬に関係しているのが、記録した取引の手数料です。
手数料の高い取引がマイナーたちに優先されるため、当該ユーザーの取引が早く完了するように予め取引所が高い手数料を設定しています。
ユーザーは、取引をすばやく完了してもらうために、非常に高い手数料を支払うことを余儀なくされているのが現状です。

その他

上記2つ以外にも法整備が追いついていないとか、送金に時間がかかる等、ユーザー側にとっても不安要素はまだまだあります。

仮想通貨は、今現在において完璧な通貨というよりも、未来の通貨として期待されている部分が大きい通貨です。

その未来の通貨にどれくらい期待するのかによって、仮想通貨との付き合い方が変わってくるのではないでしょうか。

まとめ

今現在は、デメリットもある仮想通貨ですが、飛躍的な技術の進歩や普及をしているのも事実です。だからこそ、現在は、通貨としての役割よりも投資としての価値の方が高いといえます。