来年はNISAとiDeCoを始めよう!第一弾!NISA概要とオトクポイントまとめ!

投資の収益にかかる税金が非課税になるNISAとiDeCoですが、どちらにどんな特徴があり、それぞれどんなポイントでお得なのか意外と知られていないのではないでしょうか。

そこで、今回から何回かに分けて、来年こそはNISAやiDeCoを始めたいと意気込む方向けに、それぞれの投資目的とお得なポイントをまとめていきたいと思います。
それでは、第一弾の今日は、NISAの概要とオトクなポイントをまとめてみました。
ぜひ、今後のあなたの投資計画にお役立てくださいね!

一般NISAとつみたてNISAの違いとは?

NISAには、2014年から始まった一般NISAと2018年から始まった、つみたてNISAがあります。

一般NISAとつみたてNISAは、様々な部分で異なっており、また、どちらか一方しか選択することができません。

それでは、一般NISAとつみたてNISAにはそれぞれどんな違いがあるのでしょうか?

まず、2つは投資対象が異なります。
一般NISAは、現物株式、ETF、ほとんどすべての投資信託が投資対象となるのに対し、つみたてNISAは、投資信託のみが対象でかつ、金融庁が定めたガイドラインそった商品のみが対象です。

次に、拠出ルールも異なります。
つみたてNISAは、その名の通り、定期的に拠出する必要がありますが、一般NISAは、随時入金も定期的な拠出も可能で自由度が高いです。

また、積立可能額と非課税対象期間も異なり、一般NISAが年間120万円まで拠出でき、5年間の非課税期間が設けられていますが、つみたてNISAは、年間40万円までの拠出で、20年口座を維持することが可能です。

5年間、NISA口座で年間120万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益(配当金、譲渡益等)に税金がかかりません。非課税期間が終了した後は、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)ことができます。なお、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が120万円を超過している場合も、そのすべてを翌年の非課税投資枠に移すことができます。 <金融庁:NISAの基礎知識>

つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能です。
各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間、課税されません。非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。

非課税期間の20年間が終了したときには、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されます。なお、つみたてNISAでは、翌年の非課税投資枠に移すこと(ロールオーバー)はできません。
現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。
2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。
<金融庁:つみたてNISA>

NISAのオトクなポイントとは?

NISAの最も大きな特徴は、通常は儲けた収益から20%かかる税金が非課税になることです。

具体的にいうと、株や投資信託の価格が購入時よりも上がった際に得られる値上がり益と、株を持っていることで割り当てられる分配金・配当金にかかるはずの税金がかかりません。

ただし、注意が必要なのが、前述したとおり、非課税投資枠には金額の枠と期間の枠が存在します。

その上、NISAで買った株や投資信託が値上がりして、期間内で売ると、その非課税投資枠を再利用することができなくなりますので、期間内は、配当金や分配金を非課税にしながら、期間期限をめいっぱい使い売る方が、お得になります。ただし、その株や投資信託が期間ギリギリで値上がりしていたり、大きな利益が稼げるとは限りませんから、その辺の見極めは重要です。

当然のことですが、NISAで買った株や投資信託が値下がりしても、救済措置があるわけではありませんから、値上がりする利益を重視するよりも、節税効果が大きくなる高い配当金や分配金がある株や投資信託を購入するのが、NISAにおけるオトクな投資方法といえるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。今回は、NISAの概要とオトクなポイントについてまとめてみました。次回は、iDeCoについてお伝えしていきますので、そちらもぜひ、フォローしてくださいね!

番外編:ほったらかしでも資産が増える!?
スマホで簡単にシステムトレードを楽しめます!

これまでシステムトレードは、VPSの運用やPCのみでしか操作できないのが難点でした。ところが!シストレクラウドを使えば、簡単スマホでシステムトレードを行うことができます!
感情抜き&ほったらかしでも手軽にシステムトレードを行えるシストレクラウドを使えば、あなたに代わって24時間運用ロジックが資産運用を行ってくれますよ!