来年はNISAとiDeCoを始めよう!第3弾!NISAとつみたてNISAどっちを選ぶ?

来年こそはNISAやiDeCoを始めたいと意気込む方向けに、概要からオトクポイント、投資目的での選択方法などを中心に、NISA,iDeCoそれぞれについて解説している、来年はNISAとiDeCoを始めよう!シリーズ記事をお送りしています。
<第一弾は、NISAの概要とオトクなポイントをまとめてみました。>
<第二弾は、iDeCoの概要とオトクポイントまとめてみました。>

今回は、NISAの中から、一般NISAとつみたてNISAどちらかした選べないため、どちらを選ぶべき?と悩む方に向けて、その違いについてご説明します。

ぜひ、ご自身の投資にお役立てくださいね!

NISAとつみたてNISAはどちらかしか選べない

2018年1月より、つみたてNISAが開始され、これによってNISAは、一般NISAとつみたてNISAができました。

一見すると、選択肢が増えるのは嬉しいことなので、いいことのように思いますが、(いや、いいことなのですが、、)悩ましいことに、一般NISAとつみたてNISAの口座を同時にもつことはできません。

つまり、どちらかを選択して投資をしなければならないのです。

税制優遇の中での投資制度ですから、制限があってしかるべきではあるのですが、少し残念でもありますよね。

(ちなみにNISAとiDeCoは同時開設が可能ですので、ご安心ください。)

NISAとつみたてNISAはどう違う?

2つに1つしか選択できないのであれば、どちらが自分に合っているのかをしっかり見極める必要がありますよね。

そこで、いくつかの特徴的な項目をピックアップして、NISAとつみたてNISAがどう違うのかについて解説していきます。

NISAとつみたてNISAの違い① つみたて可能額と非課税投資期間

NISAとつみたてNISAの大きな違いは、つみたて可能額と非課税投資期間が異なります。

NISAとつみたてNISAの2つがある理由がここに大きく集約されているといっても過言でないポイントです。

NISAと年間120万まで拠出でき、投資をした年から5年の間は、投資利益が非課税となります。5年の間で利益確定した分の投資利益分が非課税になり(通常20%程度の税金がかかります)年間120万×5年=600万円分の投資元本の利益をすべて自分の利益とすることができます。

一方、つみたてNISAは、年間40万円という投資枠があり、NISAよりも投資枠は少ないのですが、20年という長期に渡って口座を維持することが可能です。年間40万円×20年=投資元本800万の投資利益が非課税となります。

非課税期間が長く、投資元本の限度額では、つみたてNISAの方が大きくなるようになっています。

売却をして利益確定をした場合は、NISAもつみたてNISAも利益確定分の非課税投資枠は少なくなりますから、注意が必要です。

NISAとつみたてNISAの違い② 拠出ルール

NISAとつみたてNISAは、まず、拠出ルールが異なります。

NISAの場合、いつでも入金してもいいし、積立型の拠出をしてもいいし、と選択肢がありますが、つみたてNISAの場合は、積立型の定期拠出のみを前提としています。

NISAとつみたてNISAの違い③ 投資対象

NISAとつみたてNISAは、投資対象も異なります。

NISAの場合は、株式でもETFでも投資信託でも投資対象ですが、つみたてNISAの場合は、積立拠出ですから、積立投資を前提に金融庁が出しているガイドラインに沿った金融商品のみが投資対象となります。インデックスファンド、アクティブファンドの一部、EFTが投資対象です。

商品数でいうと、NISAの方が多く、つみたてNISAの場合は、厳選されているといえます。

NISAとつみたてNISAの違い④ 延長の可否

NISAは、非課税期間が5年と設定されていますが、なんと最大10年までは延長が可能です。売却していない投資資産を期間終了後に新しいNISA口座に移管することで、非課税期間をさらに5年延長することができるのです。
1点注意が必要なのが、期間終了後の新しい口座の120万円の拠出可能額を使って移管するため、当然、その分の限度額は下がるということは理解しておきましょう。

つみたてNISAは、延長は一切できません。あくまでも非課税期間は20年が限度です。

まとめ

いかがでしたか。今回は、NISAとつみたてNISAの違いについて解説しました。NISAとつみたてNISAはどちらかしか持てないため、選択する必要があるのですが、資産を家族で共有している場合には、夫婦でそれぞれNISAとつみたてNISAを持つなど、家族共有資産を形成するのに役立てる方法もあります。

いずれの場合にも、ご自身に一番合った投資方法を選んでくださいね!

番外編:ほったらかしでも資産が増える!?
スマホで簡単にシステムトレードを楽しめます!

これまでシステムトレードは、VPSの運用やPCのみでしか操作できないのが難点でした。ところが!シストレクラウドを使えば、簡単スマホでシステムトレードを行うことができます!
感情抜き&ほったらかしでも手軽にシステムトレードを行えるシストレクラウドを使えば、あなたに代わって24時間運用ロジックが資産運用を行ってくれますよ!