お金の歴史からお金の本質について考える

現金、不動産、株、債券などを、タイミングや時間を上手に利用し、お金を増やしていく資産運用は、世界はもちろん、日本でも多くの人にとって当然のことになってきています。

こうして今では当たり前に存在し、多くの人にとって価値ある「お金」ですが、当然ながら、お金にも歴史があります。

お金の歴史を知れば、今ある通貨の本質を知ることができます。

というわけで、今回は、「お金」の歴史について紐解いていきたいと思います。

<関連記事一覧>

<一流投資家が学んでいる教養!お金の近現代史①>
<一流投資家が学んでいる教養!お金の近現代史②>
<投資初心者におすすめ!投資の基礎知識としての日本のお金の現代史>
<投資1年目の教科書!マネーの歴史シリーズ〜日本のFX歴史〜>

世界のお金の歴史:物々交換→石や貝→金を共通通貨へ

お金が生まれる以前は、人々は、物々交換を行うことで、自分が狩りや採集した物以外の物質を手に入れていました。

しかし、交換する物の価値がイコールか計ることは難しく、物々交換に支障が出るようになりました。

そこで、登場したのが、石や貝といった共通価値を定めて、物々交換の仲介をする方法でした。

が、石や貝は、交換で手に入れなくても、その辺で拾えてしまいますし、通貨と呼ぶには、あまりに信頼性のないものでした。

そして、利用されるようになったのが、「金」です。
鉱石である金であれば、当然、簡単に手に入れることはできず、通貨としての信頼性を高く保つことができました。

支配力がないと成り立たない紙の紙幣が生まれた

中国で紀元前7世紀頃には金属の鋳造貨幣が生まれ、中国全土はもとより日本へも一部の貨幣が流れるほど流通しました。

(※日本に鋳造貨幣が登場するのは、飛鳥時代です。中国の開元通宝をモデルに「富本銭」が登場しています。富本とは、国や民を富ませる基本という意味があるそうです。)

ほどなくして、製紙技術に優れていた中国からは、紙の紙幣が生まれました。

金や銀より扱いやすい紙幣ですが、同時にただの紙切れの価値を浸透させることは、そうたやすいことではありませんでした。

それを実現させたのが、モンゴル帝国時代の強い支配力です。
ただの紙切れに価値をもたせたという意味でも歴史的に大きな出来事でした。

マルコポーロも、紙を通貨として流通させている文明に非常に驚いたと伝えられています。

このころの紙幣には、当然、金本位制なども敷かれていませんし、それが広く流通しているということは、通常は考えられないほどの歴史的な大発明でした。

再び「お金」に大きな動きがあったのは産業革命以降

物→石や貝→金→鋳造貨幣→紙幣とお金の歴史が進んでいきますが、再び、「お金」に大きな革命が起こるのが、産業革命以降のことです。

産業革命により、紡績機や蒸気機関等ができ、工場での大量生産が可能になったことで、工業化・都市化が進み、巨額資本が必要となる鉄道が普及し、その資金調達のために証券取引所が発達していきました。

広く人の移動が可能になり、それに伴い多くの資本が動きました。そうすると、必要になったのが、「金本位制」です。

狭い地域であれば、金本位制が敷かれていない紙幣でも信用通貨として成り立っていたのでしょうが、広く資金を調達しようとするときには、広い範囲で信用がある「金」を使って、価値を共有する必要があったのです。

モンゴル帝国時代には、強い武力を持つ国の支配力で、紙幣の流通が可能だったのでしょう。それはそれで、驚くべきことですが、武力ではなく、技術で国を発展させていくときに、「金」という共通価値を背景に貨幣を流通させることが理にかなっていたのです。

金本位制とは?

持っている金と同額の紙幣を発行すると決められたのが、金本位制です。イギリスを皮切りに、世界中で金本位制に移行する国が増えました。金本位制により、通貨の価値が安定していきました。

通貨の価値の安定から自由貿易の活発化

世界各国で移行された金本位制により、通貨が安定し、為替リスクが激減しました。そのおかげで自由貿易が活発化していきます。

それまでにない広い国と地域での貿易が進んでいきました。世界中の人・物・金が動き始めたのです。

今、再び「お金」に革命が起こっている

これまでは、「お金」はカタチが見えて、触れるものでしたが、近年、電子マネーと呼ばれる技術がと登場し、カタチある「お金」を持たずとも、お金を使用し、流通させることができるようになりました。

歴史的にみても、紙幣登場と同じくらいの大きな変化です。

そして、私達が想像するよりも早いペースでお金は進化を遂げています。

これまでは、国ごとに発行されているのが当たり前でしたが、現在は、ビットコイン等といった仮想通貨もうまれています。

これから、新しい通貨のあり方として、どんなカタチの「お金」が定着していくのかはわかりません。

しかし、いつの時代でも変わらない「お金」の本質は「交換手段」であるということです。

「お金」は、いつでも、「物」を手に入れるためのもの、「移動」を叶えるためのもの、「何か」を作るためのもの、であって「お金」自体に価値があるのではなく、「価値」がある何かとの交換を叶えるツールです。

あくまでも「ツール」。

だからこそ、「お金」を増やして、何かに使うことに大きな意味があるのです。

資産運用を簡単に叶えるシストレクラウド

システムトレードを行うために通常必要なVPS(Virtual Private Server、インターネット上の仮想PC)の利用や、シストレアプリ(MT4)の設定もシストレクラウドの利用で一切不要です。

スマホからパラメーターの変更だけでなく、ロット数の変更、EAの起動停止なども簡単に操作が可能です。

シストレクラウドなら一切手間なく安心してシステムトレードを行っていただけますよ!

月額1080円から始められる!シストレクラウドに登録する▶