FX 勝てる取引をする方法

FXには、”大抵の人が負けるもの””ギャンブル性が強いもの”といったネガティブなイメージがつきまとっています。
実際、FXトレードで収支がプラスなのは、全体の1割程度のトレーダーのみとも言われていますから、FXは勝つことが難しいものだと思っている方も多いかもしれません。

では、なぜ全体の1割程度しか勝てないのでしょうか。
今回は、FXで多くのトレーダーが収支をマイナスにしてしまう理由と、勝てるコツを調査してみました。

全体の1割程度しか勝てないと言われているのはなぜ?

ずばり、大きな理由の1つは、お金という資産が絡んだときに、自分の感情をコントロールすることができる人が極めて少ないからです。

レバレッジを効かせた取引をすれば、短い時間の中で1000円を1万円にすることも可能なのがFXですが、逆を言えば、それだけの損をすることもあるものです。
そして収支をプラスにする取引で重要となるのが、損をした時の「損切り」のタイミングです。
FXに限らず、相場取引において、損をすることは不可避ですから、状況に応じてブレずに判断できることが結果につながっていきます。

勝つための才能があるとすれば、相場の上がるタイミング、下がるタイミングを見極める嗅覚があることでしょうが、これは才能以外の部分で補えるところがほとんどなのです。
感情を抑えて、ブレずに判断を下せることの方が、勝てる取引には重要だといえます。

どうすれば勝てる取引ができるのか

「FXは勝つことも負けることもあるもの」
ここの認識を誤ってしまうと、負けたことに焦ってハイレバレッジを掛けるようなリスクの高い取引をしてしまったり、長時間取引を継続して大きなストレスを抱え込んでしまったり、といった時間や肉体、精神に負担がかかる取引を行い、結果がでないという悪循環に陥ってしまいます。

勝てる取引のためには、損をしたくない!という意識よりも、勝つこともある、負けることもある、全体で収支をプラスにすればいいということを自分自身に許可することが大切です。

意外ですが、勝てるトレーダーは、知識よりも考え方のほうを重視する傾向にあるようです。

感情をコントロールできない人の解決方法がシステムトレード

頭で理解していたとしても、相場を目の前にした時に、たいていの人は、お金を失う不安をコントロールすることは難しいでしょう。

プロとは、どんな状況にもブレずに取引を行える人のことといっても過言ではありませんが、今やプロだからこそ、システムトレード(自動売買)を行い、感情に左右されず、定められた取引ルールに応じて、運用を行う時代です。
”いわんや個人投資家をや”といえるのではないでしょうか。

まとめ

勝てる取引には、感情を抑えた取引を行うことが重要です。
そのための解決方法としておすすめしたい取引手法がプロも利用するシステムトレードです。個人の投資家ほど向いているシステムトレードを気軽にやってみたい!面倒な手間なく始めたい!という方は、シストレクラウドの利用がおすすめです。PCスキルや金融知識がなくても、簡単操作で安定した資産運用を手に入れることができるでしょう。