超低金利時代を乗り越える!おすすめ投資方法3選+番外編

お金はそこそこあるけれど、増やし方が分からず銀行に眠らせたままにしている・・・なんてお悩みはありませんか?

超低金利時代と言われて久しい昨今、銀行に置いておいてもお金が増えることはありません。お金をただ寝かせておくよりも、投資にまわしていくほうが、世の中もあなたも潤う可能性は高くなります。

とはいえ、投資をギャンブル性の高いものとして怖がる人が多いのも事実ですよね。確かに、いきなりハイリスク・ハイリターンの商品に手を出すことは危険ですが、ポイントを押さえれば、しっかりと手堅く利息が得られる投資もたくさんあります。

そこで今日は、手堅くお金を増やしたい人に贈る、おすすめの投資方法をお伝えしていきます。

不動産投資

意外に思われるかもしれませんが、FP等のお金のプロも手堅い投資としてオススメする人気の投資方法が不動産投資です。

ただし、不動産投資の場合、利益は物件に依存するため、よい物件を見極めることが重要です。
賃貸需要は、「買うには高すぎるけれど、借りることはできる」という場所に発生します。そのため、経験の浅い個人投資家の場合、単身者向けワンルームで駅近物件だと始めやすいなんて話もあるようですよ。

株式投資

お金を増やしたいという目的だけでなく、配当や優待など保持しているだけで利益を得られるのが株式投資です。
株式投資を行う人からは、「経済の動きが分かるようになり、日常に張り合いが出た」といったお金を増やすこと以外をメリットとして上げる声も聞かれます。

また、株式投資に近い方法として、EFT(Exchange-Traded-Fund)と呼ばれる上場投資信託も人気があります。
投資信託と比較すると手数料が少なく、株と同じように配当を得られるところが魅力です。銘柄を組み合わせられるため、リスク分散できるため、株式投資に不安を感じる初心者にも始めやすいでしょう。

つみたてNISA

2018年1月から開始され、最近、耳にすることも多くなった「つみたてNISA」ですが、なぜ「つみたてNISA」がいい投資方法なのかは、分からないという方も多いのではないでしょうか。

つみたてNISA最大のメリットは、投資によって得られた売却益や分配金の運用益が非課税になるという点です。
日本では、通常20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)が得られた利益に対してかかりますが、つみたてNISAなら、通常の投資よりも20%も多く手元にお金が残るということです。
これは、非常に大きなメリットといえますよね。
また、年間投資上限額が40万になっていますから、(投資期間20年)
リスクを最小に押さえてじっくり投資をしていきたい初心者向きの投資方法と言えます。

番外編:シストレクラウドのEA(運用ロジック)を使う

ここまで、いくつかの投資方法をご紹介しましたが、マイナス金利時代の今、運用益を10%以上にするって、すごく難しいのです。

つまり、プロの金融エンジニアが作成した、どれも年間利回りが10%以上を期待できる運用ロジック(EA)をシストレクラウド内で無料でご提供しているというのは、かなりオトクだといえるのではないでしょうか。

月額1080円の利用料で、初期投資額(FX口座への初期証拠金)も5万円~30万内でご自身に合わせた金額から気軽に始めていただけます。

また、すべて自動売買ですから、時間を無駄にすることもありません。
まだ、シストレクラウドを始めていないけれど、興味があるという方は、ぜひ、下記のサービス詳細をチェックしてみてくださいね。