投資初心者に「投資信託」は有効ですか?

数年前に話題となったリンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』によると、今、先進国で生まれた子どもの50%以上が105歳まで生きると言われています。

私たちが想定している以上に人生が長くなれば、必要となる引退後の資産も当然増加することになります。

人生100年時代に備える意味でも、初心者が始めやすい投資として「投資信託」が注目されていますが、実際、「投資信託」で、お金を殖やすという目的が果たされるのか、初心者の投資手段として有効なのかどうかを今回は検証してみたいと思います。

日本の投資信託はリターンを上げていない!?

2017年10月に金融庁から発表になった「平成28事務年度 金融レポート」によると、

米国と比べ、「リスクに見合うリターンをあげていない投資信託が多い」「パフォーマンスの良いアクティブ運用投資信託が少ない」「高い手数料の投資信託が多い」という傾向が浮き彫りになっています。

つまり、米国の投資信託と比較すると、リターンは少なく、パフォーマンスもよくないけれど、手数料(買付手数料+信託報酬*)は高いということです。
*信託報酬とは、商品を保有している間、継続的に発生する手数料のことを言います。

そして、最も大きな問題点は、運用成績は投資信託を販売する金融機関の儲けには関係ないということでしょう。手数料で儲けている金融機関が損することはないため、運用成績の悪化の負担は、顧客のみに強いられています。

また、日本で人気が高く、投資信託全体に対しての割合も高い「毎月分配型投資信託」という商品がありますが、ここにも日本特有の落とし穴があります。
毎月分配金が支払われているから、利益が出ているのだろうと思う方も多いのですが、実際は、利益が出てなくても元本を取り崩しながら支払いをされています。
欧米では運用収益以上の分配金を払うことが禁止されていますが、日本では禁止されていないため、元本の取り崩しが行われており、結果、顧客側の資産価値が減っていくことになってしまっているのです。

日本では、投資信託を利用した人の満足度が低いと言われていますが、上記の結果をみれば、当然な気がしますよね。

プロに運用してもらっているから大丈夫!と思ったら、大きな落とし穴があるのが、日本の投資信託です。

では、初心者におすすめの資産運用方法は・・・

ここまで、投資信託は結局、有効な投資手段とはいえないというお話をしてきましたが、では、投資初心者の方に有効となる資産運用方法はないのでしょうか。

ここからは、いくつかおすすめの資産運用方法をご紹介します。

1. 応援したい企業の株を買う

投資は、ある程度長期的に保有することで、有効な資産運用手段になり得ます。もちろん、「損切り」は重要ですから、自分の中でリミットを設けておくことは大切ですが、上がることも下がることもあるのが相場です。

少し下がったからといって、すぐに手放していたら、結果、満足のいく結果は得られないでしょう。

そのため、逆説的に感じるかもしれませんが、「お金を殖やす」ことに主眼を置くのではなく、自分のお金をより有効に活用してくれると思える応援したい企業に投資をするのです。

企業が成功すれば配当として利益を共有できますし、もし、少し下がったからといって、応援する理由がなくならない限り、手放すことはないのではないでしょうか。

負けないように相手を疑いながら監視するのではなく、相手の成功を応援しながら投資をすることで、損を怖がりすぎずに運用を行えるでしょう。

信頼できるヘッジファンドに預ける

投資信託の問題点として、運用成績は販売会社の儲けにほとんど関係ない点があげられます。彼らは顧客からの手数料で儲けているため、たくさんの顧客が集められさえすればいいのです。

対して、私募によって資金を集めているプライベートファンドの多くは、成功報酬として、勝った運用益のXX%を受け取るという成果報酬を設定しています。一見、手数料はプライベートファンドのほうが高いように思えますが、実際の運用の質は、投資信託よりも遥かによいことがほとんどなので、手数料を上回るリターンを得られることが多いでしょう。
もし、ご自身でプライベートファンドを探される場合は、
①一口あたりの投資金額
②過去のパフォーマンスと運用方法
③ファンドマネージャーの経歴
をチェックし、納得した上で、投資してください。

シストレクラウドを利用する

人に資産運用を任せれば高い手数料がかかる、けれど、自身で運用を行うのは、知識やスキルに自信がない。
特に投資初心者の方の場合、そんなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

そこで、ひとつの有効な方法となり得るのが、「シストレクラウド」を利用することです。

シストレクラウドを使えば、FX初心者の方でも、スキルや知識なしで、金融のプロが開発した運用ロジック(運用ルール)を使って、自動売買を行うことができ、高い年間利回りが期待できます。

そして、”スタートボタンを押すだけ”で簡単に資産運用を開始できますが、自らの手で行うため、手数料は一切かからず、余計な費用や時間を食うこともありません。

シストレクラウドについてもっと知りたい方はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか。
多くのメディアや雑誌では、「投資信託=初心者にも魅力的な投資商品」のように紹介されているのを目にしますが、実際は、仕組みが理解できていたり、商品の特性がよくよく分かっていないと、「お金を殖やす」という目的にはそぐわない場合が多いのが実情です。
「周りも買っていたから」や「大手の金融機関で勧められたから」といった理由で購入せず、ご自身の目的に照らし合わせた投資を行ってくださいね。