初心者にもできる勝てる投資法!?IPO投資を狙って勝率高い投資をする!

投資、特に株式投資の場合、初心者が簡単に手を出して勝てる投資ではないと考えている方も多いのではないでしょうか。

ですが、そんな株式投資初心者の方でも非常に高い勝率で大化けする株を見つけられる方法があります。

それは、IPO株(新規公開株)への投資です。
そこで、今回は、IPO株投資について解説していきたいと思います。
勝率の高い投資をしたい方、株式投資に興味のある方必見の内容です。

IPO投資とは?

IPOとは、企業が新規に株を証券取引所に上場し、一般の人もその企業に株券を購入することで、投資することができるようにすることをいいます。
IPO株は、証券会社を通じ、市場での売買開始前にすでに定められている「公募価格」で売りに出されます。
それを狙って投資を行うのが、IPO投資です。

なぜ、IPO投資が勝てる投資法なの?

なぜ、IPO投資が初心者でも高い勝率で勝てる投資なのかというと、新規に公開したIPO株のほとんどが大幅に価格をあげているからです。

2018年にIPOした件数は47件ですが、その中で公募価格を超えたものは45件という勝率96%を誇ります。

過去5年間でみた場合にも、上場して初めてついた初値が公募価格を超えた銘柄の割合は、8~9割に上っています。

なぜなら、公募価格は、そもそも同業他社を参考にした株価水準の7割程度に抑えられていることがほとんどであるため、そもそものその企業の価値よりも低く見積もられているということも多くあるのです。

つまり、IPO株は、かなり狙い目の株なのです。

また、IPO自体が年々注目を集めているため、人気投票のような感覚で、初値が値上がりしやすい傾向にあります。

IPO株はどこで入手できるの?

IPO株への人気が高まっているため、入手は年々困難になっています。
応募が殺到するため、競争率は高く、希少度は高いのが実情です。

購入方法は、対面販売をする店舗型の証券会社を利用するか、ネット証券などのオンラインの取引を利用するかの大きく分けて2つあります。

注意すべきは、大手の店舗型証券会社の場合、資産額と取引実績が大きい顧客が優先されるため、資産額と実績が少ない場合には、入手が困難になりがちです。
対面型でも中堅の証券会社の場合、資産額や実績の大きな顧客の割合が少ないため、割当の確率が高まる傾向にあります。

一方、ネット証券の場合は、抽選になりますが、SBI証券での応募は必ずしたほうがいいでしょう。
SBI証券は、ネット証券の中では、IPOで中心的な役割をする主幹事を受け持つことが多く、主幹事になると、公開される株式の8〜9割が割り当てられるため、IPO投資をするなら、主幹事の証券会社での応募が必須です。
しかも、SBI証券の場合、抽選にはずれた人には、1回1ポイントが得られ、IPO株の個人投資家への配分量の30%分を、このポイント数が多い人から順に割り当てる制度があるため、年間IPO取扱実績が多いSBI証券では、すべてのIPOに申し込んでいれば、3〜4年の中で1割程度は当てられる。

また、IPO株は、証券会社ごとに割当株数が決まっていますが、同じ銘柄を複数の証券会社から申し込むことができるため、確率を上げるためには、複数証券会社での申込みを行いましょう。

IPOに外れてもセカンダリー投資!?

これまでご説明した通り、IPO株は非常に勝率の高い投資方法ですが、人気が高く入手は困難です。
しかし、もし、IPOにはずれても、セカンダリー投資で大化けする株を手にするチャンスはあります。

セカンダリー投資とは、上場後にIPO株を購入する投資のことをいいます。IPO後は値動きが激しいためリスクも高いですが、短期で大化けする可能性も秘めています。
また、IPO株と違って確実に購入できるというのは、一つの魅力といえます。

ただし、初心者がセカンダリー投資を行うときは、その後の予測が難しい初値で購入するよりも、上場初日のストップ高寸前で逆指値注文をいれることがおすすめです。

公募価格を上回って初値をつけた後も値上がりが続いている場合には、そのままストップ高まで上がる可能性が高いという傾向値があるため、ストップ高寸前で購入すると、その後の値上がりを狙うことができます。

また、株主比率がベンチャーキャピタル比率が高いIPO株の場合には、ベンチャーキャピタルの投資傾向上、IPO後の彼らの売りにより大きな値崩れが起こりがりであるため、セカンダリー投資は控えた方がいいでしょう。

小型銘柄を狙うと勝率が高い投資ができる?

セカンダリー投資の場合でも、時価総額や調達金額が小さい小型銘柄の場合は、価格が高騰しやすく上場後も高値をつける傾向があります。
東証1部や東証2部のような大きな銘柄が多い市場よりも、東証マザーズなどの振興市場に小型銘柄が多いため、狙い目です。

まとめ

IPOは初心者にも勝率が高い投資です。
ただし、競争率が激しいため、もし、入手ができなかった場合にも、勝てる形でセカンダリー投資を行うと、初心者でも大きな利益を得られる可能性がありますよ。ぜひ、試してみてくださいね!

ほっといてもどんどん資産を作れるシストレクラウド

ほっとけばどんどん資産が増えていくシステムトレードを簡単に行えるシステムクラウドを使えば、あなたに代わって24時間運用ロジックが資産運用を行ってくれますよ!