来年はNISAとiDeCoを始めよう!第2弾!iDeCoの概要とオトクポイントまとめ!

投資の収益にかかる税金が非課税になるNISAとiDeCoですが、どちらにどんな特徴があり、それぞれどんなポイントでお得なのか意外と知られていないのではないでしょうか。

来年こそはNISAやiDeCoを始めたいと意気込む方向けに、それぞれの投資目的とお得なポイントをまとめていきたいと思います。
<第一弾は、NISAの概要とオトクなポイントをまとめてみました。>

今回の第二弾では、iDeCoの概要とオトクなポイントについてまとめました。ぜひ、今後の投資にお役立てくださいね!

iDeCoの概要は?

iDeCoの正式名称は「個人型確定拠出年金」といいます。
老後のための自分年金制度として税金面での優遇措置が手厚いのが特徴です。

月々掛け金を拠出し、その運用益を60歳以降に受け取ることができますが、逆にいうと、本人が死亡したり、特例措置が取られたりするような大規模災害の被災者などといった特例出ない限りは、60歳になるまで絶対に引き出せません。

この途中での引き出しができない点が、NISAとの最大の違いといえます。

60歳以前の資金のための投資ではなく、あくまでも老後資金のための投資であるという位置づけが明確なのが、iDeCoなのです。
そのため、iDeCoは、生活に無理をして行う投資ではなく、月々の余裕資金から行いましょう。最低金額は月5000円ですが、1年に1度見直しも可能なので、その時々のご自身の経済状況によりアップデートをしていきましょう。掛け金の上限は、職業によって異なりますので、ご注意ください。
<厚生労働省:拠出限度額参照

iDeCoは、20歳以上60歳未満であれば、誰でも加入することが可能です。

iDeCoの3つのオトクポイント!

iDeCoは、節税面が手厚いと前述しましたが、ここでは、節税面の手厚さについて詳しくご説明します。

まず、iDeCoは、節税効果を受けられるポイントが多く、①つみたて時
②運用時 ③受け取りの際 という3つのポイントで節税を受けられます。

①つみたて時の節税効果とは?

iDeCoで毎月積み立てている掛け金はすべて、所得から控除されます。そのため、掛け金分は、所得税・住民税がかかりません。

通常、所得には所得税が最低でも5%、住民税が10%かかりますが、iDeCoでつみたてれば、掛け金分は、控除されるため所得税率が高い高所得者ほど節税効果が高くなります。

②運用時の節税効果とは?

投資信託で運用して得られた利益や分配金は非課税です。通常は、20%の税金がかかるため、運用時の非課税は、NISAやiDeCoの特権です。

20歳から始めたちすたら運用期間は、40年におよび、40年もの間投資運用で得られた利益が全て非課税になるのは、非常に資産を育てるという観点から大きなものです。

それが資産運用にどう大きく関係するか数字を基にご説明すると、5000円のつみたて運用を始めた場合、1ヶ月で1割の利益が出たとすると、税金が一切引かれないため、運用元手が5500円となり、翌月は、5500円で運用することができます、運用元手が増えれば、儲けもふえますから、複利がどんどん膨らむという良い循環が生まれるというわけです。

年率5%で複利運用した場合、15年あれば、資産を2倍にすることができます。

③受け取りの際の節税効果とは?

つみたてた資金を受け取る際も、一定金額までは、非課税となります。

一定金額での非課税ルールとは、受け取り方法が分割の場合には、「公的年金等控除」が適用され、一括受け取りの場合には、「退職所得控除」が適用されることを指しています。

<それぞれの控除限度額については、確定年金拠出スタートクラブサイトをご参照ください>

リスクを取りたくない人のiDeCo利用の裏技とは?

節税にいいといわれても、投資運用自体を行うことに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。その理由としては、投資によって元本が減ってしまうのではないかという恐れがあるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、iDeCoの定期預金で運用して、掛け金を全額所得控除にする裏技です。

ただし、iDeCoに加入すると、国民年金基金連合会と信託銀行に年間2040円の手数料を支払わなければならないため、この裏技を使うと、税金では得をしますが、コストがかかるという点は、理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。NISAとiDeCoは、どう違うのか漠然としていた方も、こちらの記事と合わせて、<第一弾は、NISAの概要とオトクなポイントをまとめてみました。>NISAとiDeCoの違いをご理解いただけたのではないでしょうか。それぞれ用途や目的が違うからこそ、両方とも上手につかって、投資を行えるといいですよね。

番外編:ほったらかしでも資産が増える!?
スマホで簡単にシステムトレードを楽しめます!

これまでシステムトレードは、VPSの運用やPCのみでしか操作できないのが難点でした。ところが!シストレクラウドを使えば、簡単スマホでシステムトレードを行うことができます!
感情抜き&ほったらかしでも手軽にシステムトレードを行えるシストレクラウドを使えば、あなたに代わって24時間運用ロジックが資産運用を行ってくれますよ!