金持ち父さんは、FX裁量トレードとシストレどちらを選ぶのか?

ロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さん 貧乏父さん』といえば、お金持ちになるためのお金の哲学が書かれている大ヒット作ですね。

お金持ちを目指している人なら誰でも一度は、読んだことがあるのではないでしょうか。

この記事では、金持ち父さんのお金持ちになる考え方をもとに、FXの裁量取引とシストレのどちらがその考え方にあっているのかということについて解説していきます。

金持ち父さんの考え方って?

『金持ち父さん 貧乏父さん』では、お金の稼ぎ方は4つのタイプがあり、お金持ちになるには、投資家かビジネスオーナーになるしかないというのが結論です。なぜなら従業員や自営業者は、自分の時間を切り売りすることでしか収入を得ることが出来ず、その時間にも限りがあるからです。

・Employee 従業員
・Self-Employed 自営業
・Business Owner ビジネスオーナー
・Investor 投資家

Employee 従業員・Self-Employed 自営業は、自分が働くことで収入を得ることが出来ます。対して、Business Owner ビジネスオーナーやInvestor 投資家は、収入を得る仕組みを構築したり、株の配当金やFX、不動産、印税、権利収入などの形で収入を得ています。自分が働かなくても収入が入ってくるのです。

FX裁量トレードは、はたして投資家なのか?

さてここからが本題ですが、FX裁量トレードが投資家(Investor)の領域なのかということです。FX裁量トレードは、…..自営業者(Self-Employed)です。なぜなら、自分の時間を使ってトレードをしているからです。もしも、病気で寝込んでしまったらトレードが出来ず収入を得ることができません。だからFX裁量取引は自営業者ということになります。あなたが、寝ていようが、起きていようが、関係なく収入を得ることが出来るのが、ビジネスオーナー(Business Owner)、投資家(Investore)の領域なのです。

シストレはどの領域になるのか?

では、シストレはどの領域になるのでしょうか。シストレは、EA(自動売買ロジック)がFXの取引を行うため、自分の時間を使う必要はありません。(ほとんど放置状態ですね。)また、EAを増やすことで、更に収益を増やせる可能性もあがります。(もちろん損失が出る可能性もあります。)シストレは、EAという従業員を雇用し、取引の環境を整えて収益を上げるシステムを作るという点では、ビジネスオーナーであると言えるのではないでしょうか。また、自分の時間を使わずにFXの取引を行えるため投資家ということもできます。

+α 可処分時間についても考えておこう

金持ち父さんの考え方を実践する上で、可処分時間について考えることは非常に重要です。可処分時間とは私たちが自由に使うことが出来る時間のことです。例えば平日に2時間FXの裁量トレードを行った場合は、あなたが自由に使える時間は残り何時間でしょうか。
FXの裁量トレードをすることは自分の可処分時間(自由な時間)を減らすということです。それに対して、シストレは自分の時間を奪われることはありません。
EAがあなたの代わりに取引を行ってくれるからです。あなたはEAが取引をしてくれている間に別の何かをすることができます。あなたの可処分時間をできるだけ減らさずに収入を得るという視点が重要なポイントです。

シストレで稼げる仕組みを作ろう

シストレは、自分の時間を使わずに収入を得ることができる収益モデルの一つです。
自分の時間を使わずに自分のためにお金が働いてくれる状況を構築しているという点で、金持ち父さんの考え方に近いのは、【シストレ】ということが出来るのではないでしょうか。
ただし、シストレで収益をあげるためには良いEAを選ぶことや運用環境の構築が必要です。シストレがはじめての方は、運用環境の構築や、EA選びに苦労するかもしれません。

シストレ初心者は、面倒な設定がネックとなる

シストレを始める場合は、EAの購入と、安定した運用環境の準備が必要です。シストレクラウドを利用すれは、面倒な設定が必要なく簡単にシストレを始めることができます。事前に準備するのは、MT4対応のFX口座とシストレクラウドで利用可能なEAのみです。早速金持ち父さんの考えをシストレで実践してみてはいかがでしょうか。